auひかり

auひかりのマンションタイプGの特徴や口コミは?料金や速度を解説

投稿日:

auひかりのマンションタイプGの特徴を説明する女性

auひかりのマンションタイプGが気になっているあなた。本記事ではマンションタイプGの料金や速度に対する情報、そして口コミからみるメリットとデメリットを交えながら、auひかりマンションタイプGの詳細を解説します。

 

auひかりのマンションタイプGの特徴

auひかりマンションタイプGとは、従来からあったauひかりマンションタイプVがアップグレードした最新のauひかりマンションのサービスです。今、auひかりマンションタイプGに注目が集まっているのには、auひかりマンションタイプGより提供開始を始めた通信規格の特徴が大きく関係しています。

現在、世の中に存在しているネットサービスには3つの方式があります。「光配線方式」、「VDSL方式」、「LAN配線方式」です。

光配線は3つの方式の中で最も新しく、比較的新しいマンションであれば光配線が設備されているところが多いです。光配線が整備されている場合は、各部屋から光配線を利用でき、高速インターネット通信を行えます。LAN配線方式は、マンションの共同スペースから各部屋までをLANケーブルで繋ぐというもので、近年この方式を使用して建物は滅多にありません。

3つの方式の中で最もメジャーなのが、2つ目の「VDSL方式」です。「VDSL方式」とは、マンション自体には光ケーブルが入っているものの、各部屋には電話ケーブル(メタルケーブル)が整備されている方式のことです。

基本的に各部屋にまで光回線が通っていないと高速インターネットが使用できません。しかし、auひかりマンションタイプGでは、共用部分にまで光ファイバーが引き込まれている場合、各家庭までは電話線を利用しながらも、光ファイバーをマンション棟内で共有できるのです。

 

タイプGのプランは2種類ある

auひかりマンションタイプGには「G契約」と「V契約」の2種類があります。

G契約もV契約も回線の仕組みに違いはなく、どちらもマンションまでは光ファイバーが通っており、共有部から各部屋まではメタルケーブルが通っています。仕組みはG契約もV契約も同じで、それぞれの違いは下記でご紹介します。

V契約はauマンションタイプGとは言っているものの、中身は従来のauひかりマンションタイプVと変わりなく、速度も同様です。対してG契約は、V契約と構成は変わらないものの、使用するホームゲートウェイと設定の変更を伴い、「G.fast」という最新の通信技術を持ってより早い速度のデータ通信を行える契約です。

従来の「VDSL方式」を利用しているマンションに対しては、配線をそのまま利用できる「V契約」が利用されています。

マンションがauひかりマンションタイプVからauひかりマンションタイプGに変更となった場合、すでにauひかりに契約されていた方の契約はauひかりマンションタイプGのV契約となります。auひかりマンションタイプGに変更後に契約された方は、auひかりマンションタイプGのG契約をすることも可能です。

 

タイプGの速度

auひかりマンションタイプGでは、下り664Mbps、上り166Mbpsを実現できると言われています。対して、前のサービスであるauひかりマンションタイプVでは下り100Mbps、上り100Mbpsほどでした。100Mbpsでも動画を見たり、個人がネットに繋いだりする程度であれば十分な速度ではありました。

しかし、実際出ていた最大速度としては下りで80Mbpsほどだったため、通信速度の遅れを感じている方も多かったでしょう。マンションタイプGになると、下り速度は約6倍となるため通信速度の大幅改善が期待できます

 

タイプGの料金

auひかりマンションタイプGの料金はどのくらいなのでしょうか。

高速のインターネットサービスともなれば初期費用も月額の契約費用も高くなってしまうのではないかと心配な方もいらっしゃるでしょう。次に、auひかりマンションタイプGのV契約とG契約の初期費用と月額費用をあわせてご紹介していきます。

 

初期費用と工事費

初期費用には工事費用と登録費用が必要です。登録費用は3,000円で、ひかり電話とテレビの契約を併せて行うと別途800円かかります。ひかり電話もauで契約すると、携帯電話のキャリアもauにしている人はauスマートバリューの利用が可能なので、お得に契約ができます。

マンションをauひかりマンションタイプGに変更するための工事費も必要です。契約数は特に関係なく、基本的に初期費用は一律30,000円。しかし、2年間の利用で工事費は無料となります。

マンションタイプGでは、回線撤去費用はかかりません。auひかりマンションタイプGでは、auひかりマンションタイプVで使っていたメタルケーブルをそのまま使用する仕組みを取っています。そのため、回線の大掛かりな追加も撤去も必要ないため、初期費用が安価に抑えられるのです。

 

月額料金

G契約とV契約に差が出てくるのが月額費用です。V契約には1つの料金プランしかなく、料金は契約件数によって異なります。契約が多くなるほど費用は下げられます。

V契約 月額料金
8契約以上 4,100円(ネット+電話代)
16契約以上 3,800円(ネット+電話代)

 

G契約には、お得プランと標準プランの2種類の料金形態があります。お得プランは契約に2年間の縛りがあり、途中で解約となると解約料が9,500円かかります

G契約 月額料金
お得プラン:8契約以上 4,600円(ネット+電話代)
お得プラン:16契約以上 4,300円(ネット+電話代)
標準契約:8契約以上 5,700円(ネット+電話代)
標準契約:16契約以上 5,400円(ネット+電話代)

 

auひかりのマンションタイプGの口コミ・評判

auひかりマンションタイプGの口コミを元に、メリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

auひかりのマンションタイプGの口コミ・評判を調べる女性

 

メリットは費用が安いこと、スマホ代が割り引かれることの2点です。

「フレッツ光に比べて月々500円安い!年間にすると6,000円もお得なのがいい!」


NTT東日本が提供しているフレッツ光と比べ、auひかりマンションタイプGは月々500円お得です。「え、500円だけ?」と思う方もいるかもしれませんが、通信料は毎月必ずかかるもの。年間にして合計6,000円も安くなるので、なるべく安く抑えられるのは大きなメリットであると言えます。

 

「スマートフォンもauで契約しているから割引が効くのが嬉しい!」


auユーザーならauスマートバリューを利用してより安く契約できるのも嬉しいポイントです。契約しているプランによって、割引額は変わりますが、最大1人当たり1,000円お得に利用できます

 

一方、デメリットは利用できるエリアが限られている点と、視聴できるテレビ番組の評判が良くない点の2点です。

 

「auひかりマンションタイプGの話を聞いてうちもマンションタイプGにしようと思ってたのに、対象の地域でなく契約ができなかった」


auひかりマンションタイプGは利用できる地域が限られていたり、利用できる建物も限られていたりします。「ぜひ利用したい!」と思っていてもなかなか対応しておらず、利用できないこともしばしば。また、対象エリアでも、住んでいる建物が対応していない場合は利用できません。

 

「当たり前のように地デジがみられると思っていたのに、見られなかった」


また、auひかりのauひかり テレビでは地デジが見られません。そのため、地デジがどうしても見たい場合にはアンテナを立てたり、別のサービスを併せて契約したりする必要があります。地デジをどうしても見たいのであれば、プラス料金がかかることは覚悟した方が良さそうです。

 

auひかりのマンションタイプG契約とV契約の違い

auひかりのマンションタイプG契約とV契約の違いはその最大速度にあります。基本的に契約料金は変わらないものの、速度が劇的に速くなります。V契約が上り下り共に100Mbpsなのに対して、G契約は下り664Mbps、上り166Mbpsで利用できます。

速度はG契約することで劇的に速くなる一方、途中解約の価格が違うことに注意しましょう。V契約は7,000円で途中解約できますが、G契約は9,500円かかります

 

auひかりのマンションタイプGに対応しているか確認する

auひかりのマンションタイプGを魅力的に感じ、利用したいと思っている方もいるかもしれません。しかし、auひかりマンションタイプGを利用するためにはいくつかの条件に当てはまる必要があります。ご自身のマンションがその条件に当てはまっているかしっかりと確認してからでないと、「実はできなかった」なんてことになりかねません。必ず注意して確認しましょう。

 

auひかりのマンションタイプGが対応しているかチェックする女性

 

タイプGに対応しているエリア

2018年11月より順次提供開始がされ始めたauひかりマンションタイプGは対応しているエリアがまだまだ少ないのが現状です。

対応しているエリアとしては関東だと東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県関西だと大阪府と兵庫県の計6都府県です。その中でも対応している地域と、していない地域があります。「auひかりにしたい!」と張り切っていても、実は未対応地域だった…なんてこともあるのでまずは自分の住んでいる地域がauひかりに対応しているのか、対応エリアを問い合わせるようにしましょう。

残念ながら上記以外のエリアではauひかりマンションタイプGは対応していません。対応エリアは徐々に拡大の予定なので、続報を待ちましょう。

 

タイプGに対応しているプロバイダ

auひかりマンションタイプGに対応しているプロバイダは計7社あります。

G契約ができるプロバイダ

  • So-net
  • au one net
  • @nifty
  • BIGLOBE

G契約ができず、V契約のみになるプロバイダ

  • @TCOM
  • AsashiNet
  • DTI

プロバイダによって、契約できるプランに違いがあることに注意しましょう。

 

 

auひかりのマンションタイプGを申し込みする方法

では次に、auひかりのマンションタイプGを申し込みする方法について確認していきましょう。

マンションタイプGでは、タイプGの通信規格である「G.fast」に対応しているホームゲートウェイを各部屋への設置することが必要です。

ここからは、すでにauひかりを利用している場合と、新規で契約する場合の2つの方法について紹介します。

 

auひかりを利用している場合

すでにauひかりマンションタイプを利用していてauひかりマンションタイプGに切り替えるためには「My au」のトップページより契約変更の申請を行います。契約変更手順は下記URLより確認できます。

 

 

新規で契約する場合

新規で契約の場合は、今後入居するマンションやすでに入居しているマンションでauひかりマンションタイプGが利用できるのであれば、契約可能です。まずはマンションのタイプを確認することから始めましょう。

タイプGの契約にも、G契約・V契約があるため、G契約をしたい場合にはプロバイダ選びには注意が必要です。

新規で契約する際には最初の登録費用として、3,000円の支払いが必要になることも覚えておきましょう。

 

auひかりのマンションタイプGへの変更を検討しよう

現在主流であるVDSL方式のマンションに対して、リプレイスしていける見込みがあるため今後導入率は勢いを増すでしょう。auひかりマンションタイプV契約からの契約移行であれば2,500円でG契約に変更できます。2,500円でインターネット通信が快適に使えるようになるのであれば、お得ではないでしょうか。

注意したいのはauひかりマンションタイプGにマンションが対応しているのかということです。また、プロバイダによってG契約ができるところ、V契約しかできないところがあります。プロバイダがG契約に対応していなければ、タイプGに対応しているマンションでもG契約での契約はできません。必ずご契約するプロバイダが、G契約に対応しているかを確認してから契約を結ぶようにしてください

-auひかり
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.