auひかり

auひかりのホームゲートウェイって何?種類・交換する方法・費用をチェック!

投稿日:

auひかりのホームゲートウェイを利用している家

auひかりを申し込むと、手元に届く「ホームゲートウェイ」。あまり聞きなじみのない言葉で、どんな機械なのか、何のためにどのように使うのかわからない方も多いのではないでしょうか。 本記事では、auひかりのホームゲートウェイについて、役割や種類、費用についてご紹介していきます。

 

auひかりホームゲートウェイって何?なくてもauひかりは使えるの?

auひかりを申し込んだときに「ホームゲートウェイ」っていう箱みたいな機械が届いたんだけれど、何かしら…?
博士
ホームゲートウェイはauひかりを使うのに必要な機械なんじゃよ。

auひかりを申し込んだ際に届く箱型の機械が、今回解説する「ホームゲートウェイ」です。

ホームゲートウェイとは、簡単に説明すると、ひかり電話に対応しているモデム兼ルーターのこと。ホームゲートウェイを用いてインターネットに接続するため、auひかりに加入した人はほとんどの場合で使う必要がある機械です。では、ホームゲートウェイの役割や特徴について、具体的に紹介していきます。

 

ホームゲートウェイは1台でインターネット・無線LANも接続できる機械

光回線を利用してインターネットに接続するには、ONUモデムが必要です。そして、Wi-Fiを利用するためには、無線LANルーターが必要。つまり、Wi-Fiを利用するには、ONUやモデムなどのインターネットへの接続機器と無線LANルーターの2つの機械が必要になります。

しかし、ホームゲートウェイは1台でONUやモデム・無線LANルーターの役割を果たす、すぐれもの。

ホームゲートウェイさえあればインターネットがWi-Fiで使えるようになるってことね!

 

ルーターとホームゲートウェイの違いは?

ホームゲートウェイと似たものとして間違えられやすいものに「ルーター」があります。先ほども説明した通り、無線LANルーターは無線LAN(Wi-Fi)を利用するために必要な機器。そのため、ルーターだけあってもインターネットには接続できません。

ホームゲートウェイとルーターの違いは、インターネット接続機能があるのかどうか、そしてひかり電話に対応しているのかどうかです。

博士
光回線を利用した固定電話を使いたい場合には、ホームゲートウェイが必要になるのじゃ。

 

auひかりのホームゲートウェイの種類と特徴

ホームゲートウェイが必要なことはわかったけれど、auひかりが準備してくれたものを使ったらいいのかしら?
博士
auひかりが貸し出しをしているホームゲートウェイは実はいくつか種類があるんだ

auひかりが貸し出しているホームゲートウェイには、いくつか種類があります。レンタルできる機種は、「auひかり ホーム」や「auひかり マンション」など、加入しているプランによって異なります。また、機種はアップデートされたりリニューアルされたりするため、申し込む時期によってレンタルの対象となる機種が異なることも覚えておきましょう。

2019年11月現在、プラン別にレンタルできるホームゲートウェイと特徴についてご紹介していきます。

 

auひかり ホーム、マンションタイプGなら「BL1000HW」

auひかり ホームもしくは、マンションタイプGを契約する場合に利用するホームゲートウェイは「BL1000HW」です。

部屋数が多い戸建てでも電波を飛ばせる機種で、下り最大2.4Gbpsに対応している高スペックの機種です。

しかし、2階建て、3階建てなどの場合や部屋数が多いなど、ホームゲートウェイから離れた場所でも使いたい場合、通信速度が遅いと感じることもあるでしょう。離れた場所でも快適にインターネットに接続するためには、「中継機」と呼ばれる機械が利用できます。ホームゲートウェイから飛ばされる電波を、中継機を経由させることで2階、3階まで届けられる仕組みです。

BL1000HWは、中継機の使用にも対応しているホームゲートウェイのため、広い範囲に電波を飛ばしたい場合にも安心です。

 

auひかり マンションギガ・マンション ミニギガなら「BL900HW」

auひかり マンションギガ・マンション ミニギガを契約する場合のホームゲートウェイは「BL900HW」です。

下り速度は最大450Mbpsと、BL1000HWに比べるとややスペックが劣るため、利用してみて物足りないと感じた場合は、高速通信に対応している機種に変更することも検討しましょう。

 

auひかり マンションタイプV、都市機構DXなら「BL902HW」

auひかり マンションタイプV、都市機構DXを契約する場合のホームゲートウェイは「BL902HW」です。

下り速度最大450Mbpsですが、5GHz帯と2.4GHz帯を同時に利用できる機種のため、使い分けできることがポイントです。

博士
ホームゲートウェイに近いところで使うときは、5GHz帯。別の部屋や離れた場所で使うときは2.4GHzを使うのがおすすめじゃ

 

auひかりのホームゲートウェイのレンタル費用は?

ホームゲートウェイさえあればWi-Fiが利用できることはわかったし、プランによって種類が違うこともわかったけれど、問題は料金なのよね…
博士
ホームゲートウェイをレンタルする費用は、auスマートバリューに加入しているのかどうかで変わるのじゃよ

気になるのはホームゲートウェイのレンタル費用は、「auスマートバリュー」に加入している人と加入していない人とで費用が異なります。

auスマートバリューとは、auのスマートフォンとauひかりのネットと電話を利用している人が加入できる割引サービスのこと。

あら、うちはスマホもauだし、auひかりでネットも電話も使っているから条件を満たしそうだわ
博士
条件を満たしている場合でも別途申し込みが必要じゃよ!

 

auスマートバリューに加入している場合

auスマートバリューに加入している人は、auひかりのホームゲートウェイは無料で利用できます。一方、auスマートバリューへの非加入者は月額500円が必要です。

また、auスマートバリューに加入していると、auスマートフォンの利用料も永年500~1,000円割引になるとてもお得な割引サービス。auのスマートフォン、携帯を持っていてauひかりの契約を検討しているのであれば、ぜひ加入の手続きをしておきたいサービスです。

auスマートバリューは絶対に申し込まなくっちゃ!

 

トラブル?auひかりのホームゲートウェイが点滅しているときはどうしたらいいの?

auのホームゲートウェイを使い始めたんだけれど、ランプが点滅しているときがあるのよね…大丈夫かしら?
博士
ホームゲートウェイのランプにはそれぞれ意味があるんじゃよ。

auひかりのホームゲートウェイには、側面にいくつかのランプがついています。ランプの下や横に「更新」「ネット」「電話」「無線」「デバイス」「電源」と内容が記されているため、それぞれのランプが何を表しているのかはわかりやすいでしょう。

ランプが点滅しているときは、「接続ができていない」「契約手続きが完了していない」ことを表しています。インターネットの利用に影響がある際は、ランプを一度確認してみましょう。

オレンジ色や赤色になっているときは要注意じゃ。
博士

auひかりにホームゲートウェイの不調について問い合わせる際は、担当者にランプの状況を聞かれることが多いもの。ホームゲートウェイを確認できる環境で問い合わせるとスムーズです。

 

auひかりのホームゲートウェイは交換できるの?

レンタルできるホームゲートウェイは、auひかりを契約したタイミングによって機種が異なります。スマートフォンが年々新しいものに進化していくのと同様、レンタルできるホームゲートウェイも時間とともに新しいものに切り替えられます。

新しい機種が出たら、古いものと交換してもらえるのかしら...?
博士
ホームゲートウェイの交換方法について解説するよ。

 

BL190HWなど古いホームゲートウェイだと速度が遅くなることも

現在auひかりのホームゲートウェイを利用している方の中には、旧型のものを利用している方もいらっしゃるでしょう。実は、以前レンタルされていたホームゲートウェイ「BL190HW」は、現行型の「BL902HW」と比べて無線LANの最大転送速度が大きく異なります。BL902HWが最大速度450Mbpsに対し、BL190HWはなんと54Mbpsしか出ないのです。

使っているホームゲートウェイによって、速度が8倍以上も変わるのね…!
博士
機種が変わるたびに通信速度が向上するわけではないのじゃが、長年使い続けていると飛躍的に速度が向上したホームゲートウェイに切り替わっている可能性があるのじゃよ。

auひかりの通信速度に不満を感じ始めたら、まずは手持ちのホームゲートウェイが古い機種になっている可能性を疑ってみましょう。

 

ホームゲートウェイは3,000円で機種交換が可能

借りているホームゲートウェイが古くなっていたら、新しい機種に交換してもらうことはできるのかしら?
博士
3,000円で新しいものに交換することができるんじゃよ。

auひかりでは、古いホームゲートウェイを新しく交換することが可能。交換には3,000円の手数料が必要です。交換したい場合は、以下の問い合わせ窓口に申請しましょう。

【ホームゲートウェイの交換に関する問い合わせ先】
問い合わせ窓口:0077-7084(通話料無料)
受付時間:9:00~23:00(年中無休)

 

auひかりのホームゲートウェイの交換方法

博士
次に、ホームゲートウェイを交換する3つのステップを紹介するよ。

STEP1.ホームゲートウェイの交換を申し込む
STEP2.新しいホームゲートウェイを接続する
STEP3.以前のホームゲートウェイを返却する

ではさっそく、ホームゲートウェイを交換する手続きの詳細について詳しく説明していきます。手続き自体はそれほど難しいものではありません。長年同じホームゲートウェイを使い続けていて、通信速度に不満がある方は、交換も検討してみてくださいね。

 

STEP1.ホームゲートウェイの交換申し込みをする

ホームゲートウェイの交換をする1つ目のステップは、「ホームゲートウェイ交換の申請」をすることです。以下の問い合わせ先に電話で申し込みましょう。

【ホームゲートウェイの交換に関する問い合わせ先】
問い合わせ窓口:0077-7084(通話料無料)
受付時間:9:00~23:00(年中無休)

交換費用の3,000円は通常のネット利用料に合算され、請求されます。別途支払う必要はないので安心してくださいね。

 

STEP2.新しいホームゲートウェイを接続する

ホームゲートウェイの交換を申し込むと、約2~3営業日で新たなホームゲートウェイが発送されます。ホームゲートウェイが到着したら、新しいホームゲートウェイの初期設定を行いましょう。

取り付けは機種によって異なりますが、一度端末を設置したあとの交換は既存のホームゲートウェイと入れ替えるだけです。ホームゲートウェイとつながっている機器(ONU)に新しいホームゲートウェイを繋ぎ直していきましょう。

差し込む場所は通常「WAN10G」、10G・5Gのサービスを利用している場合は「LAN4 10G」です。元のホームゲートウェイがどこに接続されていたかを確認しながら行なうとわかりやすいでしょう。新しいホームゲートウェイに同梱されているLANケーブルを使って繋いでくださいね。

元々使っていたホームゲートウェイと照らし合わせて接続していけばいいのね!

電話回線やほかの端末を接続している場合は、それぞれ電話機の端子やLANケーブルを接続していきます。

接続が終わったら、最後に電源アダプタをコンセントに差し込んで完了です。

どうしてもよくわからない場合は、auの窓口に問い合わせながら作業を進めましょう。

【auひかりへの問い合わせ先】
電話番号:0077-7076(通話料無料)
受付時間:9:00~23:00(年中無休)

 

 

STEP3.古いホームゲートウェイを返却する

新しいホームゲートウェイが到着した際、一緒に古いホームゲートウェイの返送用の着払い伝票が入っています。新しいホームゲートウェイに接続した後は、古いホームゲートウェイを返却用の箱に入れ、返送手続きを行ないましょう。

以上の3ステップで、ホームゲートウェイの交換作業は終了です。

申し込みをして、古いホームゲートウェイと変更して、古いホームゲートウェイを返却するだけね!私にもできそうだわ!

 

最新のホームゲートウェイで快適にインターネットを使おう

【本記事のまとめ】

  • auひかりを利用するためにはホームゲートウェイが必要
  • auスマートバリューに加入している場合ホームゲートウェイは無料でレンタルして利用できる
  • ホームゲートウェイは住居タイプによって異なる
  • 新しい機種に交換したい場合は3,000円必要

auひかりを利用するときに使う「ホームゲートウェイ」。ONUやモデム、無線LANルーターの役割をし、ひかり電話も利用できるようにするための機械です。

auスマートバリューに加入している場合、無料でレンタルできますが、加入していない場合は月額500円が必要です。

また、レンタルできるホームゲートウェイは契約している住居タイプによって異なります。現在利用しているホームゲートウェイが古くなった場合は、3,000円で交換することも可能。ぜひ一度利用しているホームゲートウェイを確認してみてくださいね。

-auひかり
-,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.