auひかり

今すぐしたい!auひかりのルーター交換をする3つのステップ【手続きと費用を解説】

投稿日:

auひかりのルーター交換の問い合わせに対応する女性

auひかりのインターネット接続が遅い原因は、ルーターにあり!? 本記事では古いルーターを使用するデメリットや、速度低下が生じる原因を徹底解説。あわせて、最新ルーターに交換する方法や手続きもご紹介します。

auひかりの速度に不満を抱えている方や、古いルーターを何年も使用している方はぜひチェックしてくださいね。 新しい高性能ルーターを手に入れて、快適なインターネット接続を実現させましょう!

 

auひかりが遅い!?原因はルーター(ホームゲートウェイ)かも…

auひかりを長年使っているんだけれど、カフェやレストランのWi-Fiよりも遅いように感じるのよね…。
博士
もしかすると、ルーターが原因かもしれないよ。

auひかりを利用している方のなかには「せっかく光回線を契約したのに、速度が遅い」「以前使っていた光回線より遅いのは、auひかりのせい…?」など、通信速度に不満を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、auひかりが提供している光コラボレーション回線と、フレッツ光の光回線は同じもの。本来は速度やサービスエリアに大きな差は出ないはずです。では、なぜauひかりの通信速度を遅いと感じてしまうのでしょうか。

速度低下の原因のひとつとして考えられるのが「ルーター」の性能。古いルーターは高速通信に対応していないため、光回線を契約していても効果を発揮できないのです。まずは古いルーターを使用するデメリットを解説します。

 

ルーター・ホームゲートウェイの役割

博士
auひかりは「ルーター」を使って接続しているのかな?それとも「ホームゲートウェイ」を使っているの?
うーん、機械の名前はよくわからないです…。

auひかりでWi-Fiを利用するときには、光回線をインターネットとして接続するための「モデム(ONU)」と、「無線LANルーター」が必要です。ホームゲートウェイとは、無線LANルーターの役割も、モデムの役割も果たす機械のこと。

auひかりからレンタルした機械を使っている場合は「ホームゲートウェイ」。自分でルーターを購入した場合には「無線LANルーター」を利用しているはず。もし、ひかり電話を利用している際には、ホームゲートウェイの利用が必須のため、ホームゲートウェイを利用しているでしょう。

うちはホームゲートウェイを使っているのね…!
博士
代理店からキャンペーンでプレゼントされたルーターを使っていることもあるので要チェックじゃ。

 

auひかりから提供されるホームゲートウェイの種類

auひかりが提供しているホームゲートウェイは、2019年11月末現在、全7種類。それぞれのルーターのスペックを確認してみましょう。

 

【auひかりの各種ホームゲートウェイのスペック】

住宅タイプ モデル名 通信速度 無線LAN規格
ホーム BL1000HW 下り最大2.4Gbps IEEE802.11ax(Draft)/ac/a/b/g/n
マンション BL900HW 下り最大450Mbps IEEE802.11n/a/b/g
マンション BL902HW 下り最大450Mbps IEEE802.11n/a(5GHz帯)とIEEE802.11n/b/g(2.4GHz帯)
マンション BL190HW 下り最大54Mbps IEEE802.11 b/g
ホーム・マンション BL172HV・BL170HV・BL150HV(WG1900HP-KP) 11ac/n/a(5GHz帯)&11n/g/b(2.4GHz帯)

 

【ホームタイプ・マンションタイプ別】auひかりから提供されるホームゲートウェイ

これから契約する場合は、住宅タイプにあわせた最新のホームゲートウェイが届きます。ホームタイプの場合はBL1000HW。

マンションギガ、マンションミニギガの場合はBL900HW。マンションタイプG、タイプV、都市機構DXの場合はBL902HWです。それぞれ中継機にも対応しているので、間取りが広い家で利用するのも安心です。

 

 

最新のホームゲートウェイは、BL1000HW・BL900HW・BL902HW。すでにauひかりのホームゲートウェイを利用している人は、これらのホームゲートウェイを利用しているのかチェックしてみましょう。

家で利用しているホームゲートウェイは、この機種じゃないみたい…
博士
これらの機種以外のものを使っている場合は、ホームゲートウェイが古い可能性があるんじゃ。交換して最新のものを利用しよう。

 

auひかりのホームゲートウェイ・ルーター交換の方法

新しいホームゲートウェイに変更すると何が変わるの?
博士
ホームゲートウェイが対応している下り最大速度が変わるから、通信速度が速くなる可能性が高いんじゃ!

せっかく光回線を契約しているのであれば、本来の快適なスピードでのインターネット接続を叶えたいですよね。現在利用しているホームゲートウェイが最新のものではない場合は、auひかりに連絡して最新ルーターに変更しましょう。

ではさっそく手続方法について紹介します。

 

ホームゲートウェイの交換を電話で申し込む

ホームゲートウェイの交換手続きは、まずは電話申し込みを行いましょう。交換の申請は電話でしか受け付けていません。

電話はなかなか繋がらないイメージがあるからあんまりかけたくないのよね…
博士
「電話予約サービス」を利用すると、auひかりから電話をかけてくれるよ。

カスタマーサポートやお問い合わせデスクに電話したことがある方は、電話の繋がらなさにストレスを感じたことも多いのではないでしょうか。電話が繋がるまでの時間を短縮するためには、「電話予約サービス」を利用することがおすすめです。あらかじめ指定した日時にカスタマーサポートスタッフから電話をかけてもらえるため、待ち時間なしで通話できますよ。

電話予約はMy auから行いましょう。

 

 

【ホームゲートウェイ交換の申し込み窓口】
電話番号:0077-777/0120-22-0077
対応時間:9:00~20:00

カスタマーサポートでホームゲートウェイの交換申し込みが終われば、手続きは完了。1週間前後で、申し込んだホームゲートウェイが自宅に送られてきます。

 

旧端末は返送する

新しいホームゲートウェイが到着したら、古いものと交換しましょう。接続し、初期設定が終わったら利用できますよ。

博士
今まで使っていた古いホームゲートウェイは、auひかりに返却する必要があるのじゃ。

新しいホームゲートウェイと同時に、古い機材を返却するための伝票も届きます。古いホームゲートウェイ一式を段ボール箱に梱包して返却しましょう。機材が壊れてしまわないように、新しいホームゲートウェイに使われていた緩衝材を使って梱包するといいでしょう。

なにか不明点があれば、以下の連絡先に問い合わせましょう。

【ホームゲートウェイ返送 確認窓口】
電話番号:0077-777/0120-22-0077
対応時間:9:00~20:00

 

ホームゲートウェイの交換費用は3,000円

ホームゲートウェイを交換するにはいくら必要なのかしら…?
博士
交換費用は必要ないのじゃが、事務手数料が3,000円必要じゃよ。

ホームゲートウェイの交換には原則費用はかからず、無料で最新機種に変更できます。

しかし、交換にかかる事務手数料として3,000円が請求されます。翌月分の月額料金に加算して請求されるので、覚えておきましょう。

 

自前のルーターを利用していた場合

もともと持っていた無線LANルーターを使っていたり、代理店からプレゼントされたものを使ったりしていた方も多いのではないでしょうか。最後に、自分でルーターを用意して使っていた場合についてのチェックポイントを紹介しましょう。

博士
昔のルーターを使っている場合はスペックが不足していることもあるのじゃ。

自前のルーターを利用している方は、ルーターの「最大速度」と「規格」を確認しましょう。

auひかりは最大1Gbpsを誇りますが、ルーターがこの速度に対応していない場合、当然ルーターの最高速度に左右されます。auひかりが遅くなっている原因はルーターにあることもあるのです。

また、ルーターには通信規格があり、これまでは「11b」「11g」「11a」「11n」「11ac」などが使われていました。しかし、 新しい規格の「11ad」「11ax」などが誕生し、より高速通信が可能となっています。ご自身が利用している規格を確認し、できるだけ最新のものを利用することで通信速度は速くなるでしょう。

現在、代理店のキャンペーンでプレゼントされているルーターは、11acに対応したものが多いものです。11acは、最大通信速度は十分速いのですが、5GHz帯にしか対応していないものも。11acよりも新しい規格、11axでは、5GHz帯だけでなく、2.4GHz帯にも対応しています。特に広い家で使う場合にはより広範囲に電波を飛ばせる2.4GHz帯も利用できることで、繋がりにくい部屋ができてしまうことを防げます。ルーターの規格とどの周波数帯域に対応しているのかも確認してみましょう。

博士
最大速度は問題ないのか、ルーターの規格は新しいのか確認が必要じゃよ。

ルーターの規格についてより詳しく知りたい方は、以下のサイトを参考にしてみてください。

 

 

auひかりの高速通信のカギはルーター選びにあり!

【本記事のまとめ】

  • auひかりを利用しているホームゲートウェイやルーターが古い場合速度が遅くなる
  • ホームゲートウェイは3,000円で最新のものに交換できる
  • ルーターは「最大速度」と「規格」を確認する

Wi-Fiを使ってインターネットに接続するときには、ルーターやホームゲートウェイを通じて接続しています。auひかりは最大1Gbpsの速度に対応していますが、ルーターやホームゲートウェイがこの速度に対応していないと高速通信を叶えることができません

今利用しているルーターやホームゲートウェイが古い場合は、最新機種に変更するだけで速度が変わることもあります。

ホームゲートウェイを利用している方は「BL1000HW・BL900HW・BL902HW」のいずれかを利用しているのか確認し、もしこれ以外の古い機種を使っている場合は交換をすることがおすすめです。

また、自分で用意したルーターを利用している方は、ルーターの対応している最大速度と通信規格を確認しましょう。

auひかりで高速通信を行うためにも、今回ご紹介した手順を参考に、ルーター・ホームゲートウェイを確認してみてくださいね。

-auひかり
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.