auひかり

auひかりの料金の内訳は?請求金額を確認して料金を節約しよう【確定申告の領収書も】

投稿日:

auひかりの料金の内訳を確認して節約する主婦

auひかりを利用している方でも、特にクレジットカード払いの場合は毎月いくら支払っているのか把握していない方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、auひかりの料金の内訳や請求金額の確認方法を紹介します。また、確定申告の際に必要な領収書の発行方法も紹介します。

auひかりの料金の内訳や請求金額の確認方法

auひかりの料金の内訳はどうやって確認できるのかしら?
博士
まずは請求金額の確認方法から紹介しようか。

 

紙の明細書は料金がかかるのでWebで確認するのがおすすめ

博士
auひかりで料金の明細書を受け取るには「紙の明細書を発行」する方法と「Webで確認する」2つの方法があるのじゃ。
博士
おすすめはWebで確認する方法じゃよ。

auひかりでは紙の明細書も発行してもらえますが、おすすめはWebからの確認です。理由は、紙の明細書を発行するには1枚あたり200円の手数料が必要だからです。

スマートフォンや携帯電話の紙による請求書が有料になっているのと同様、auひかりの請求書や明細書も郵送には別途費用がかかります。Webからの確認だと、無料で行えるので、できる限りWebからの確認がおすすめです。

 

My auにログインして確認する

Webからの確認はどうやってできるのかしら?
博士
My auにログインして確認できるよ。

Webでの料金明細の確認のためには、My auへのログインが必要です。パソコンだけでなくスマホからも利用できますよ。

【料金内訳の確認方法】
STEP1.My auにアクセスする

STEP2.ページの下部にある「料金内訳を確認する」をクリックする
STEP3.契約時に決めた4桁の暗証番号を入力し、「次へ」をクリックする
STEP4.料金内訳の表示から、確認したい請求をクリックする
STEP5.タップした請求の料金内訳が確認できる

 

My auでは過去6ヵ月の請求額を保存・印刷、過去3ヵ月分の通話明細を確認できる

しばらく明細を確認していなかったんだけれど、いつの請求まで確認できるのかしら?
博士
請求書が確認できるのは過去6ヵ月分だよ。領収書は18ヵ月分確認できるんじゃ。

My auでは過去の請求書を6ヵ月分まで確認できます。請求書はPDFファイルでダウンロードできるので、保存し印刷することも可能です。

紙で請求書を残したかったら自分で印刷したらいいのね。

自宅にプリンターがある場合は簡単ですが、ない場合はコンビニのコピー機を利用して印刷できます。また、別途申し込みを行うことで通話明細の確認を3ヵ月分まで行えます。

 

確定申告で領収書が必要な場合は400円で発行可能

博士
確定申告のためには支払証明書の発行が必要になることもあるのじゃ。

My auから領収書の保存・印刷ができるのは、口座振替の方のみです。個人事業主・フリーランスの方など、確定申告で領収書が必要な方でクレジットカード支払いを選んでいる方は、支払証明書の発行をお願いする必要があります。発行には400円が必要です。

支払証明書は、1度の申し込みで1年分の証明ができるものです。請求書単位での発行になるため、「au一括請求」「まとめて請求」を利用している場合は、すべてのサービス料金を合算した金額での支払証明書になることを覚えておきましょう。

申し込みはKDDIのお客様センターへの電話で行います。

【KDDIお客様センター】
電話番号(auスマホから):局番なし157(通話料無料)
一般電話から:0077-7-111(通話料無料)
受付時間:9:00~20:00(土日祝も受付可能)

 

auひかりの料金の内訳はどうなっているの?

My auから料金明細が見られるようになったけれど、料金の内訳を見ても正直よくわからないわ。
博士
auひかりの料金の内訳は、3つの基本月額料とオプション料金で成り立っているんじゃよ。

 

auひかりの基本月額料金は3つに分かれる

auひかりの料金についてまず押さえておきたいことは、auひかりの基本月額料金は、大きく3つの項目にわかれることです。

【auひかりの基本月額料金の内訳】

  1. 機器レンタル料金
  2. インターネット回線サービス利用料
  3. プロバイダサービス利用料

機器レンタル料の「機器」とは、auひかりを申し込んだ際に送られてくるホームゲートウェイと呼ばれる機器を指します。無線LAN機能を利用したい場合には別途500円が必要ですが、auのスマートフォンを契約している方が申し込める「auスマートバリュー」に加入していれば無料で利用可能です。

そして、「インターネット回線サービス利用料」はauひかりを利用している料金のことです。これらに、プロバイダサービスの利用料を合計した料金が、auひかりの基本月額料金となります。

 

オプション料金

基本の月額料金に加え、オプション料金や「工事費(割引)」といった料金が加算された金額が、実際に請求される金額となります。

オプションには、ひかり電話やテレビなどが挙げられます。

「工事費(無料)」は、auひかりを利用する際に行なった開通工事の費用のことです。auひかりでは、工事にかかる費用を分割で割り引く「実質無料」のキャンペーンを行なっています。工事費そのものが無料になるのではなく、工事費相当額を割り引いているため、請求書にも毎月記載されていることに注意しましょう。

工事費の分割割引が終わる前にauひかりの解約を行なうと、残りの工事費用を一括で支払う必要があります。解約を考え始めたときには、工事費の分割があと何回残っていて、支払いがどの程度必要なのか確認しておくことがおすすめです

 

auひかりの料金を確認するときのポイント

auひかりの基本料とオプション料金を確認したらいいのね!
博士
そのほか、auひかりの料金を確認する4つのポイントを紹介するので、一度見直してみるのがおすすめじゃ。

 

必要ないオプションがついていないか確認する

まず1つ目の確認ポイントは、必要のないオプションが契約したままになっていないかです。申し込み時に、初月無料だったから契約したり、何となく必要そうだから契約してしまったり、開催中だったキャンペーンに応募する条件を満たすためにオプションに加入したりしたという場合、そのまま放ったままにしてしまっている人は少なくありません。

博士
今使ってないオプションがあれば解約するのがおすすめじゃ。

スマートフォンや携帯電話の契約と同様、キャンペーンのためのオプション契約には、3ヵ月や半年間など必要な期間が定められています。期間が過ぎれば自由に解約をしていいものなので、いずれにせよ不要なオプションは早めに解約しておきましょう。

今、自分が何のオプションに入っているかを把握するためにも、利用料金の内訳を確認してみてくださいね。

必要ないオプションがついていないか確認することを提案する男性

 

auスマートバリューが適用できているか確認する

もし、あなたがauのスマートフォンや携帯を持っているのであれば、auスマートバリューに加入しているのかどうかについて調べてみましょう。

auスマートバリューとは、auひかりとセットにすることで、auのスマートフォンや携帯の料金が永年割引になるお得なサービスこと。家族全員分のスマホから、プランによって500〜1,000円割引になります。auスマートフォンを利用しているのであれば、ぜひ申し込んでおきたいサービスですね。

博士
申し込みを行わないと、条件を満たしていても自動で割引はされないので注意するのじゃ。

【auスマートバリューを利用するために必要なもの】

  • auスマートフォンや携帯
  • auひかり
  • ひかり電話

※ネットと電話のほか、auスマートポートを新規契約で購入し、契約をするケースも適用可能

auスマートバリューに加入すると、ホームゲートウェイのレンタル料金、通常月額500円が無料になるというメリットもあります。条件を満たしている場合でも、加入しているのかどうか、ぜひ確認しておきましょう。

 

支払い方法を見直すと手数料が割引されることも

3つ目に確認したいのが、料金の支払い方法です。利用料金の支払いをコンビニエンスストアで行なっている場合は、支払額とは別に手数料がかかっています。口座振替かクレジットカード払いに変更することで、手数料をゼロにできますよ。

また、すでに紹介したようにauひかりの請求書は、紙で送付してもらうと請求書1枚あたり200円が請求されています。もし、紙の請求書が自宅に届いているのであれば、Webで確認する方法に変更することで年間2,400円節約できます。変更手続きはKDDIお客様センターへの電話のほか、My auからも行なえます。

【KDDIお客様センター】
電話番号(auスマホから):157(通話料無料)
一般電話から:0077-7-111(通話料無料)
受付時間:9:00~20:00(土日祝も可能)

毎月かかる手数料は微々たる金額ですが、継続すると大きな金額になります。小さなところから節約していきたいですね。

 

au WALLETでポイントを貯めるとお得

実は料金を支払う際に、au WALLETクレジットカードでの支払いをすることで、さらにお得になります。

au WALLETクレジットカードは、auのスマートフォン・携帯電話やauひかりの利用額が1,000円ごとに10ポイント貯まるお得なカード。貯めたポイントは1ポイント1円換算で毎月の支払いに利用できます。

博士
auユーザーであれば持っておくとお得なカードなのじゃ。

なお、注意点は、au WALLETカードには「クレジットカード」と「プリペイドカード」の2種類があるということ。auひかりの料金の支払いに対応しているのは、「au WALLETクレジットカード」のみなので注意しましょう。

 

auひかりの利用明細の内訳を確認して、ムダな支出をカットしよう

【本記事のまとめ】

  • auひかりの料金の内訳はMy auから確認できる
  • 紙の請求書を発行するには毎月200円必要
  • 料金の内訳を確認してムダな出費をしていないかチェックする

通信費は毎月の固定費として必ず支払いがあるものです。そのため、料金の内訳を把握せず何となく惰性的に支払いを続けてしまうのは、ムダな出費の始まりです。少額でも継続利用する場合は、高額な出費になってしまいます。My auから利用明細を確認して、今の自分に必要なサービスのみに整えておきましょう。

適用できる割引は利用されているのか、使っていないオプションを契約してしまっていないのか確認し、ムダを減らしてよりお得にauひかりを利用しましょう。

-auひかり
-,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.