auひかり

auひかり電話を解約したい…解約するときに知らないと損する注意点

投稿日:

auひかり電話を解約したい方向けに、解約するときに知らないと損する注意点を説明する女性

auひかりで利用している固定電話の解約を考えたとき、すぐに解約手続きに進むのはちょっと待った!実は、ひかり電話を解約する際はチェックしておくべき注意事項があるのです。

本記事では、auひかり電話を解約する前の注意点について徹底解説。現在使用している電話番号の引き継ぎや、オプションの解約方法も解説するので、これから固定電話の解約をする方はチェックしてみてくださいね。

auひかり電話を解約するときの注意点

auひかり電話を解約するときに注意点があるって何のことかしら?
博士
なんとなく解約したら、電話番号が変わってしまったり、キャッシュバックが適用外になったりと思わぬ損をしてしまうこともあるのじゃ。

auひかり電話を解約するときには、何となく解約すると損してしまうこともあります。知らずに解約して後悔することがないよう、解約前に注意点を確認していきましょう。

 

電話番号を継続利用するときには手続きが必要

「auひかり電話は解約しても、電話番号は残したい」と思っている場合、解約前に継続利用の申請が必要です。

博士
解約して以前の電話番号が廃止された後に、番号の復活はできないので注意が必要じゃ!

また、電話番号の継続利用には条件があり、申請をしても番号を引き継げないことも。電話番号を引き継ぐ場合は、どのサービスに番号を引き継ぎしたいのかによって方法も変わります。次のサービスに引き継ぎできるか確認してから、解約の手続きを進めましょう。

博士
電話番号の引き継ぎについては、この後詳しく解説するよ。

もしも、発信番号通知サービス・ 着信の転送・割込通話など、auひかり電話で加入しているオプションサービスのみ解約したい場合は、契約中のプロバイダに問い合わせましょう。

 

キャッシュバックが適用外になるかも!?解約のタイミングを確認する

auひかりを契約したときに、「乗り換えキャッシュバック」や「新規申し込みキャンペーン」を利用した方も多いのではないでしょうか。

ご存知の通り、キャッシュバックやキャンペーンには細かい規定が設けられています。プロバイダによっては「1年以内の解約の場合は、対象外」「ひかり電話オプションを解約した場合、月額割引は無効」など、auひかり電話への加入が条件になっていることもあります

auひかり電話を解約する場合は、申し込んでいるキャッシュバックが適用外にならないか事前に確認しておきましょう。もし解約する場合でも、キャッシュバックを受け取ってから、解約するようにした方がお得ですよ。

博士
また、auスマホとのセット割「auスマートバリュー」を利用している場合、割引の対象外になるので注意が必要じゃ!

auスマホと光回線をセットで利用している場合、スマホ1回線につき1,000円割引されるauスマートバリューを利用している方も多いでしょう。auスマートバリューは、auひかりだけでなく、固定電話もしくはテレビとの利用が必須です。

家族5人でauスマホを利用している場合、auスマートバリューでの割引額は5,000円になることも。auスマートバリューでの割引額が大きい場合、たとえ使わない固定電話であっても、契約している方がお得なこともあるのです。

 

auひかり電話を解約して電話番号は継続利用できるの?

auひかり電話を解約するときに気になるのは、やっぱり今使っている電話番号を引き継ぎできるのかってことよね〜。
博士
できるだけ同じ番号を利用したい気持ちはよくわかるよ。

auひかりを解約する際に気になるのが、現在使用している電話番号の引き継ぎについてではないでしょうか。電話番号が変更になった場合、登録の変更や新規番号の発行など面倒な手間が増えてしまうため、できるだけ同じ番号を使用したいものですよね。

次に、auひかり電話を解約した場合の電話番号について解説します。番号引き継ぎは、「電話番号を発行しているプロバイダ」「auひかりの解約後に利用する契約先」によって手続きが異なります。

それぞれのケースごとに詳しく手続きを確認していきましょう。

auひかり電話を解約して電話番号は継続利用できるのか確認する女性

 

auひかり電話サービスで新規発行した電話番号を利用している場合

博士
まずはauひかり電話で電話番号を新規発行した場合について説明しよう。

auひかりを契約した際に新規でauひかりにて番号を発行している場合は、他社回線で引き継ぎ利用は基本的にはできません。あくまで、auひかり電話のサービス上で発行・所有されている電話番号なので移転できないのです。KDDIグループで電話番号を持ちたい場合のみ、引き継ぎができることがあるので確認してみましょう。

【auひかり電話で新規発行した電話番号の引き継ぎ可否】

  1. auひかりの他プロバイダが運用する「auひかり電話」での利用
    電話番号を継続利用することはできず、廃止扱いとなります。auひかり自体を解約する場合はプロバイダに連絡して、解約手続きを行いましょう。auひかり電話のみを解約する場合は、KDDIのお客さまセンターに連絡します。その後、移転した他プロバイダが運用するひかり電話で、電話番号を新規発行してもらう必要があります。
  2. 別の回線会社での利用
    電話番号を継続利用することはできず、廃止扱いとなります。auひかり自体を解約する場合はプロバイダに連絡して、解約手続きを行いましょう。auひかり電話のみを解約する場合は、KDDIのお客さまセンターに連絡して解約します。移転した別の回線事業者が運用するNTT電話・ひかり電話で、電話番号を新規発行してもらう必要があります。
  3. KDDIホームプラス・KDDIケーブルプラスでの利用
    移転先に連絡して、現在所有している電話番号を継続利用することを申請できます。電話での申請で「既存番号の継続利用手続き」は完了します。契約中しているプロバイダでのひかり電話は、継続利用申請をもって自動解約されるため、解約の手続きは必要ありません。

NTT加入電話契約以外で取得した電話番号を引き継いで利用している場合

博士
次に、NTT加入電話以外で取得した電話番号を引き継いで使っていた場合について説明しよう。

NTT加入電話契約以外で発行された電話番号を引き継いでいる場合、番号を発行している事業者によって継続利用できるかどうか異なります。基本的にはauひかり電話サービスで番号取得した場合と同じですが、それぞれの場合について確認していきましょう。

【NTT加入電話契約以外で取得した電話番号の引き継ぎ可否】

  1. 他プロバイダが運用する「auひかり電話」での利用
    auひかりを利用しているプロバイダを変更する場合、電話番号を継続利用することはできず、廃止扱いとなります。移転した先のプロバイダに、auひかり電話番号を新規発行してもらう必要があります。
  2. 別の回線事業者での利用
    auひかり以外の回線業者に変更する場合、電話番号を継続利用することはできず、廃止扱いとなります。移転した回線事業者先で、電話番号を新規発行してもらう必要があります。
  3. KDDIホームプラスでの利用
    KDDIホームプラスを利用する場合、KDDIが発行した電話番号の場合継続利用可能です。移転先の「KDDIホームプラス」に連絡して、現在利用している電話番号を継続利用すると申請しましょう。現在契約しているプロバイダでの電話番号は、継続利用手続きによって自動解約されます。
  4. KDDIケーブルプラス電話で利用したい
    KDDIケーブルプラス電話へ変更する場合、現在使っている電話番号の発行元に関わらず、継続利用可能です。移転先の「KDDIケーブルプラス」に連絡して、電話番号継続利用の手続きを進めましょう。

NTT加入電話契約で取得した電話番号を引き継いで利用している場合

博士
次に、NTTの加入電話で取得した電話番号を引き継いで使っている場合について説明しよう。

NTT加入電話契約で発行された電話番号を引き継いで利用している場合は、別の電話事業者に移転する場合も引き継いで使える可能性大。乗り換える際は、番号引き継ぎの手続きを忘れないようにしましょう。

【NTT加入電話契約で取得した電話番号の引き継ぎ可否】

  1. 他プロバイダが運用する「auひかり電話」で利用
    auひかりのプロバイダを変更する場合、電話番号を継続利用することはできず、廃止扱いとなります。移転したプロバイダに、auひかり電話番号を新規発行してもらう必要があります。
  2. KDDI ホームプラス・ケーブルプラスでの利用
    KDDI ホームプラス・ケーブルプラスで利用する場合は、現在所有している電話番号を継続利用することを申請することで引き継ぎ可能です。電話での申請で既存番号の継続利用手続きは完了します。契約中しているプロバイダでのひかり電話は、継続利用申請をもって自動解約されます。
  3. 他の回線事業者での利用
    auひかり以外の回線事業者に乗り換えする場合は、移転先の回線事業者に連絡して、現在所有している電話番号を継続利用することを申請しましょう。電話での申請で既存番号の継続利用手続きは完了します。契約中しているプロバイダでのひかり電話は、継続利用申請をもって自動解約されます。

auひかり電話を解約する方法・連絡先

auひかりの固定電話を解約するときの注意点についてわかったから、解約の手続きをしたいんだけれど、どうしたらいいのかしら?
博士
auひかり電話を解約する場合は、契約しているプロバイダから解約手続きを行うのじゃ。

auひかり電話と一緒にauひかり自体も解約する場合、契約しているプロバイダに問い合わせ、解約手続きを進めていきます。auひかりだから、といってKDDIのお客さまセンターに問い合わせをしても解約できないので注意が必要です。「au one net」と契約している場合のみ「KDDIお客さまセンター」に連絡しましょう。

一方、auひかり電話のみを解約する場合は、契約しているプロバイダではなく、KDDIお客さまセンターに問い合わせが必要です。@TCOMで契約している場合のみ、auひかり電話のみの解約でも、@TCOMへの連絡となるので注意してください。

【各プロバイダの解約申請窓口】

プロバイダ名 電話番号 受付時間
au one net(KDDIお客さまセンター) 0077-777/0120-22-0077 9:00~20:00
So-net 0120-80-7761 9:00~18:00
BIGLOBE 0120-86-0962/03-6385-0962 9:00~18:00
@nifty 0570-03-2210/03-5860-7600 10:00~19:00
@TCOM 0120-805-633 平日10:00~20:00/土日祝日10:00~18:00
Asahi net 0120-577-108/03-6631-0856 10:00~17:00
DTI 0120-830-501/03-5749-8091 10:00~17:00

 

 

 

auひかり電話の解約前は、電話番号の引き継ぎ条件をチェック!

【本記事のまとめ】

  • auひかり電話を解約すると、auスマートバリューが適用外になる可能性もあるので注意する
  • auひかり電話を解約する前は、番号引き継ぎができるか確認する
  • auひかり電話だけを解約する場合はKDDIお客さまセンターへ問い合わせる

auひかり電話を解約する際には、解約しても支障がないのか確認することが重要です。auスマートバリューが解約にならないか、キャッシュバックやキャンペーンの条件から外れてしまわないのかを確かめましょう。

また、auひかりで発行した電話番号の場合、他社サービスに引き継ぎできないこともあるので注意が必要です。電話番号が変わると、何かと面倒なもの。引き継ぎできる方法がないのか検討してから、解約するようにしましょう。

-auひかり
-,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.