auひかり

auひかりのONUランプが点滅するのは故障!?ランプの種類と色・対処法まとめ

投稿日:

auひかりのONUランプが点滅しているので状況を調べる女性

auひかりと契約したら送られてくるONUと呼ばれる機器。普段使用中にはランプが点灯しています。ランプはONU、ネットへの接続状態を表すためのもの。特に気にせず使っている方がほとんどなのではないでしょうか。

しかし、ランプが点滅をし始めると、「あれ?何かあったのかな?」と意識が向くもの。本記事では、auひかりのONUのランプの種類、色や点滅が示す意味合いについてご説明します。

 

auひかりのONUとは?

ONUとは、光ファイバーサービスを利用する際、自宅内に設置される機器のことを指します。正式名称は「Optical Network Unit」。日本語では光回線終端装置と呼ばれます。

ONUはauひかりだけではなく、フレッツ光やNURO光など、光回線を利用する際には、必ず設置しなければならない機器です。ONUの下に別々のネットワークを接続するためのルーターまたはWi-Fiルーターを繋いで使いますが、機器によってはONUにルーター機能が搭載されているものもあります。

 

光ケーブル端末に接続してインターネットと接続する機械

先ほどもご説明したように、ONUとは光ケーブル端末に接続し、インターネットに繋ぐための機会です。

auひかりでは、ONUにルーター機能を搭載したホームゲートウェイと呼ばれる機器を契約者宅に設置するケースが大半。光電話機能がついたホームゲートウェイもあります。

 

auひかりからレンタルしているので返却の必要あり

ONUはauひかりからのレンタル品です。そのため、契約を解除した場合、auひかりに返却しなければなりません。また、解約だけではなく、引っ越しをする場合でも返却をする必要が生じることがあります。引っ越しによる返却の場合は、KDDIから新しいONUが送られてきた後、送付された着払い伝票を使って返却しましょう。

解約での返却も、引っ越しによる返却と手順は同じです。解約手続き後に着払い伝票がKDDIから送付されるため、梱包し発送します。返却用の箱は送られてこないため、送付時の箱が残っていればその箱を、なければ手持ちの箱を使用しましょう。送付時の箱を保管しておくと便利ですよ。なお、ONUと一緒にACアダプターも同梱することを忘れないように!

 

auひかりのONUが点滅しているのは故障したの?

auひかりのONUのランプの色・点灯の違いが示す意味合いを説明する女性

auひかりのONUをよく見ていただくと、たくさんのランプが並んでいることがわかるでしょう。機種にもよって多少異なりますが、ランプの横や下には、「ホームゲートウェイ」「光入力」「通信」「電源」と書かれており、ランプが何の状態を示すのかが明記されています。

普段は点灯しているランプが点滅した場合、どういった状態を示しているのでしょうか。auひかりのONUのランプの色・点灯の違いが示す意味合いについてご説明します。

 

auひかりのONUのランプの色や点灯の仕方には意味がある

auひかりのONUの側面に並ぶ複数のランプ。飾りではなく、状態を示す大切なサインです。

ランプは一色ではなく、色によって示す意味合いが変わります。また、点灯・点滅によっても意味が異なることを知っておきましょう。

ただし、すべての意味合いを覚えておくことは難しいため、以下では「これだけは覚えておきたい」状態をご紹介します。

 

赤色で点滅している場合は要注意!ランプの種類と色を確認しよう

anひかりのONUのランプには、「緑」「オレンジ」「赤」の3色があります。このうち、もっとも注意しておきたいのが、「赤」です。

赤色の点灯は、通信・利用ができていない状態を示しています。ランプによっては、点灯ではなく点滅状態になることもありますが、いずれにせよ赤色になっている場合、正常な状態ではありません。

問題がない状態は、緑色に点灯しているときです。インターネットや光電話を使っていて不具合が起きた際は、ランプの状態をチェックしてみましょう。KDDIお客様センターに問い合わせを行なうときも、ランプの色・状態を伝えるとスムーズに状況を把握してもらえますよ。

 

auひかりのONUのランプの種類と色

auひかりのONUは何種類かあり、どの機器をレンタルすることになるのかは契約時期によって異なります。機種によって多少の変動はありますが、主についているランプは以下のものです。

【auひかりのONUランプの種類】
ランプ1.ホームゲートウェイランプ
ランプ2.光入力ランプ
ランプ3.通信ランプ
ランプ4.電源ランプ

それぞれについて、色・点灯・点滅によるサインの意味をご説明します。

 

auひかりのONUのランプの種類1.ホームゲートウェイランプ

ONUとホームゲートウェイとの接続状況を示すランプが、「ホームゲートウェイランプ」です。ホームゲートウェイが正常に接続されていなければ、auひかりを使った各種サービスを利用できません。

正常時のホームゲートウェイランプは、緑またはオレンジ色の点灯です。色の違いは通信速度の違いを示しています。

点滅状態は、通信中であることを示すサインです。また、ランプがついていない場合は「リンクダウン」つまりホームゲートウェイと接続できていないことを表します。

【ホームゲートウェイランプが消灯している場合の確認事項】
・ホームゲートウェイの電源ケーブルがコンセントから抜けていないか
・ホームゲートウェイ側のランプはついているか
・ONUとホームゲートウェイのケーブル接続口に間違いはないか

以上を確認してみましょう。いずれにも問題がなく、かつランプがつかないままの場合は、ケーブルが断線してしまっている可能性が考えられます。auひかりサポートセンターに問い合わせましょう。

 

【auひかりサポートセンター】

電話番号 : 0077-7084(通話料無料)

受付時間 : 9:00~23:00(年中無休)

 

auひかりのONUのランプの種類2.光入力ランプ

2つ目のランプは、「光入力ランプ」です。光入力ランプが示しているのは、屋外から引き込んだ光回線がONUに物理的にきちんと繋がっているかどうかについてです。

機種によって異なりますが、いずれであっても正常時には緑色に点灯しています。一方で、緑色の点滅・別の色の点灯や点滅・消灯状態はすべて「異常」だと判断しましょう。

【光入力ランプが異常を示している場合の確認事項】
・光ケーブルが抜けてしまっていないか確認する

ケーブルが抜けていないにも関わらず、正常にランプが点灯しない場合、光回線またはONUいずれかの故障が考えられます。こちらも、先程ご紹介したauひかりのサポートセンターへ問い合わせましょう。

 

auひかりのONUのランプの種類3.通信ランプ

3つ目のランプは、「通信ランプ」です。通信ランプが示しているのは、「通信ができる状態か否か」です。

2つ目の光入力ランプが示しているものが「物理的な接続」であったことに対し、通信ランプは「接続状態」を示しています。

正常状態は緑色の点灯です。緑以外の色の点灯や点滅、緑色の点滅、消灯している状態は異常だと判断しましょう。

【通信ランプが異常な場合の確認事項】
・光入力ランプの状態を確認し、物理的な問題がないかどうかをチェックする
・光入力ランプに問題がない場合、ONUの電源ケーブルをコンセントから一度抜き、挿し直す

電源を挿し直したのち、1分経っても緑色が点灯しない場合は、ONU自体に異常が起きていることが考えられます。

 

auひかりのONUのランプの種類4.電源ランプ

4つ目のランプは、「電源ランプ」です。名前の通り、ONU自体の電源に異常がないかどうかを示しています。

正常に作動している場合は、緑色のランプが点灯します。一方、赤色のランプが点灯している場合や、ランプがついていない場合は異常のサインです。

【電源ランプが異常の場合の確認事項】
電源ケーブルを一旦抜きましょう。しばらく待った後、改めて挿し直して状況が改善されるかどうかを確認します。挿し直してみても緑色のランプが点灯しなかったり、他の部位のランプも一切つかなかったりする場合は、ONUが故障している可能性が高いです。auひかりサポートセンターに問い合わせてみましょう。

 

auひかりでONUが故障したときの症状

auひかりでONUが故障して困る女性

では、auひかりのONUが故障すると、どういった状態になるのでしょうか。

 

インターネットに繋がらなくなる

ONUは光回線を使用する際に必ず作動していなければいけない機器です。そのため、ONUが故障してしまうと、インターネットへの接続が切断されてしまいます。スマートフォンの場合は自宅で無線LANによるWi-Fi通信を行っていないと気付きにくいかもしれませんが、パソコンを使っている方は、早めに気づくことができるでしょう。

インターネットを利用するために、できるだけ早くONUを正常な状態に戻したいですよね。では、auひかりのONUが故障してしまった可能性が浮上した場合、どう対処すればよいのでしょうか。

 

auひかりのONUが故障したときの対処法

auひかりのONUが故障したときの対処法は、以下の3点です。

【auひかりのONUが故障したときの対処法】
対処法1.ONUを再起動する
対処法2.ONUを再接続する
対処法3.KDDIお客様センターに連絡する

壊れたONUの修理・交換についても含め、順に詳しくご説明します。

 

ONUを再起動する

ランプを見て、ONUの異常・故障の可能性が高いことがわかったら、まずはONUの再起動を行ってみましょう。

電源ケーブルを一旦抜き、しばらく経ってから再度コンセントに挿し直します。電源ケーブルを挿し直すことで不具合が解消し、状況が改善する可能性がありますよ。

それでも状況が改善しない場合は、次の対処法、「ONUの再接続」を試してみましょう。

 

ONUを再接続する

電源ケーブルを差し直して再起動をしても状況が変わらなかった方は、次のステップとしてONUの再接続を行いましょう。

ONUの再接続を行う際は、まずONUに繋がっているホームゲートウェイの電源を切ります。最初の接続時に行った手順を、もう一度初めから行いましょう。

【ONUの再接続方法】
1.ONUが光コンセント、電源コンセントに共に接続されているかどうかを確認する
2.ONUとホームゲートウェイの「WAN」とを緑色のLANケーブルで接続する
3.パソコン・TV・auひかり電話など、使用機器をケーブルで接続する
4.必要な配線がすべて終わったら、ホームゲートウェイの電源コンセントを差し込む

ホームゲートウェイの電源ケーブルは、必ずすべての配線が終わったあとに差し込みましょう。差し込んだあと、2~3分程度で設定が完了し、緑色のランプが点灯すればOKです。

auひかり電話を利用している場合は、ホームゲートウェイの「電話」ランプが緑色に点灯していることを確認しましょう。

 

KDDIお客様センターに連絡する

ONUの再起動、再接続を行っても状況が改善されない場合は、ONUの故障が濃厚です。念のため、au側に通信トラブルが起こっていないかを公式サイトで確認し、問題がないようであれば、KDDIのお客様センターに連絡をしましょう。

 

担当者に、現状のランプの状態、これまでに試したことなどを伝えるとスムーズに対応してもらえます。

 

【KDDIお客様サポートセンター】

電話番号 : 0077-7-076(通話料無料)

受付時間 : 9:00~23:00(年中無休)

FAX(※耳・ことばが不自由な方専用) : 186-0120-944-019(無料・24時間受付)

 

 

 

ONUの交換は基本的に無料

KDDIお客様サポートセンターに連絡をし、ONUの故障だと判断されると、KDDI側から送付される新しいONUとの交換が行われます。

ONUを落としてしまうなど、過失があるケースを除き、基本的に交換費用はかかりません。故障したONUはKDDIに返送する必要があるため、勝手に処分しないようにしましょう。

 

auひかりについて困った場合はお客様サポートセンターに連絡を!

突然インターネットに繋がらなくなってしまうと、非常に困ってしまいますよね。auひかり電話も使用している場合は、固定電話にも影響が及ぶため迅速に対処したいところです。

本記事でご紹介した対処法を順番に試してみて、それでも改善されない場合は、早めにお客様サポートセンターに連絡をしてみてくださいね。

 

-auひかり
-, , ,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.