クラウドSIM

クラウドSIMのWi-Fiルーターをレンタルするならどこがおすすめ?メリットや注意点を解説

投稿日:

クラウドSIMのWi-Fiルーターをレンタルする女性

クラウドSIMのWi-Fiルーターの中からおすすめのものを3つ紹介します。それぞれ異なる特徴を持った端末なので、自分に最適なものを見つけて国内外を問わず快適な通信を利用するためにお役立てください。また通常のWi-FiルーターにはないクラウドSIMのWi-Fiルーター特有の注意点も解説します。

 

クラウドSIMのWi-Fiルーターを使うメリット

クラウドSIMのWi-Fiルーターには様々なメリットがありますが、中でも海外で手軽に使えるというメリットは大きいでしょう。

【クラウドSIMのWi-Fiルーターを使うメリット】

  • 海外でも利用できる
  • 空港でのルーターの受け取りや返却などの手間がない

頻繁に海外に行く方ほどクラウドSIMのWi-Fiルーターのメリットを実感できるはずです。クラウドSIMのWi-Fiルーターを使うことで、海外でどのようなメリットがあるのか紹介します。

 

海外でも利用できる

クラウドSIMのメリットの中でも大きいのが面倒な手続きをせずに海外でも手軽に利用できる点です。

SIMカードを使った端末では端末内に入っているSIMカードに対応した回線にしか接続できず、そもそも海外で使えないものもあります。また使えるとしても国際ローミング料がかかり利用料金が高額になるため、現地の回線と別途契約する必要がありました。

クラウドSIMは端末の中に入れていたSIMをクラウド上で管理することにより、1つの端末で複数のSIMが使えるようになりました。またクラウド上で管理されているSIMであれば、位置情報などをもとに自動で切り替えることが可能です。

クラウドSIMのWi-Fiルーターは現地の回線に対応したSIMを自動で選んで切り替えてくれるので、手続き不要で海外で使うことができます。

 

空港でのルーターの受け取りや返却などの手間がない

クラウドSIMのWi-Fiルーターは、普段使っているWi-Fiルーターをそのまま海外に持って行き使えるため、レンタルの海外Wi-Fiルーターのような手間がかかりません

国際ローミングを使って通信をすることもできますが、国際ローミングは利用料金が高めです。海外Wi-Fiルーターをレンタルすれば利用料金は抑えられますが、空港での受け取りや返却が必要で、手間がかかります。

たまにしか海外に行かないのであればあまり気にならないかもしれませんが、頻繁に海外に行くのであればWi-Fiルーターのレンタルはかなり面倒でしょう。

クラウドSIMのルーターであれば普段使っている端末を海外に持って行くだけで使えるので手間がかかりません。

 

クラウドSIMのWi-Fiルーターを利用するのがおすすめの人

クラウドSIMのWi-Fiルーターはどんな人におすすめで、どんなときに役に立つかを解説していきます。

【クラウドSIMのWi-Fiルーターがおすすめの人】

  • 日本だけでなく海外にも頻繁に行く人
  • 複数の国を旅行する人
  • 海外でもセキュリティの高いWi-Fiを利用したい人
  • 海外旅行の際に空港で手続きするのが面倒くさい人

海外での通信に悩みを抱えている方にこそ、クラウドSIMのWi-Fiルーターはおすすめできます。

クラウドSIMのWi-Fiルーターを利用して海外にいく女性

 

日本だけでなく海外にも頻繁に行く人

クラウドSIMの真価は、海外で使うときに発揮されると言っても過言ではありません。頻繁に海外に行く方にこそクラウドSIMのWi-Fiルーターはおすすめです。

もちろん日本でもクラウドSIMのWi-Fiルーターは使えますし、日本で使う場合でもSIMカードのWi-Fiルーターよりもデータ容量が大きいなどのメリットはあります。また日本国内だけで使うのであれば様々な機種のWi-Fiルーターを選ぶことができたり、そもそも国内の通信状況は年々改善されていたりしますので、クラウドSIMにこだわる必要はあまりありません。

クラウドSIMのWi-Fiルーターには海外で使うことによるメリットが多く、日本だけで使う方よりも海外に頻繁に持って行く方にこそおすすめです。

 

複数の国を旅行する人

複数の国を旅行する方にとって、現地に合わせて回線を自動で切り替えてくれるクラウドSIMのWi-Fiルーターは非常に便利です。

クラウドSIMのWi-Fiルーターを利用する以外にも、現地のWi-Fi業者と契約をしたり空港で海外Wi-Fiをレンタルしたりすれば海外でもWi-Fiは使えます。また現地のSIMカードを購入すれば、国際ローミングを使わずスマートフォンだけで通信を使うこともできます。

同じ国に何度も行くのであれば現地の業者やSIMカードを利用するのも良いかもしれませんが、複数の国で旅行するたびに現地の業者と契約してSIMカードを買うのはかなり面倒です。色々な国を旅行する方には、より多くの国に対応したクラウドSIMのWi-Fiルーターがおすすめです。

 

海外でもセキュリティの高いWi-Fiを利用したい人

海外では現地の公衆無線LANを使って通信することもできますが、公衆の回線はセキュリティが低く安全とはいえません。クラウドSIMを使った通信は、現地の回線会社を利用するため、公衆無線LANよりはセキュリティが高く安心して使えます。

 

海外旅行の際に空港で手続きするのが面倒くさい人

荷物の多い海外旅行で、海外Wi-Fiのレンタル手続きをするのはなかなか面倒です。

海外旅行に慣れていない方は飛行機の時間などの不安もあって手続きどころではないかもしれませんし、慣れていても毎回手続きするのは手間です。クラウドSIMのWi-Fiルーターなら手続きもなく、持っていくだけで現地の回線に接続できるのでストレスフリーです。

また、国内で利用しているルーターをそのまま使えるので、スマホやパソコンなどの通信端末側の設定を変える必要がありません。設定の手間がかからないという点でもストレスフリーといえます。

 

クラウドSIMのルーターをレンタルするならどれがおすすめ?

クラウドSIMのWi-Fiルーターの中から、使い方やデータ容量ごとにおすすめのものを3つ紹介します。

【クラウドSIMのおすすめWi-Fiルーター】

  • どんなときもWiFi
  • NOZOMI WiFi
  • Skyberry

データ容量をたくさん使いたい方におすすめできるものだけでなく、データ容量は少なくていいから安いほうがいいという方におすすめできるものも紹介するので、好みに合わせて選んでみてください。

 

どんなときもWiFi

海外だけでなく日本でもWi-Fiをたくさん使う人にはデータ容量が無制限で、通信制限がかかることがほぼない「どんなときもWiFi」がおすすめです

モバイルWi-Fiルーターでは通信量無制限のプランでも、短期間に一定量以上のデータ通信を行うと一時的な通信制限がかかるものがほとんどです。しかしどんなときもWi-Fiは通信量に応じて回線を自動的に切り替えることで、データ容量をたくさん使っても通信制限を受けずに使うことができます。

海外で使う別途料金がかかりますが1日1GBまでと容量多めで使えるので、データ容量をたくさん使う方にとってはありがたいでしょう。

なお海外で使用する場合は、1日あたり1,280円もしくは1,880円の利用料がかかり、料金は使う国によって異なります。また海外料金は課税対象外です。

 

 

NOZOMI WiFi

海外でも使えるWi-Fiルーターは欲しいけど、データ容量はあまり使わないという方にはNOZOMI WiFiがおすすめです。

NOZOMI WiFiは他のクラウドSIMのWi-Fiルーターと比べてデータ容量は少ないですが、海外での利用料金が安く、1日500MBまでを1,000円でチャージして使えます。また解約金や違約金がなく、好きなタイミングで解約できるのも特徴です。

海外で使う期間があらかじめ決まっている方や、データ容量は少なめでいいから料金が安いほうがいいという方は、NOZOMI WiFiを使って通信料を節約しましょう。

 

 

Skyberry

普段から通信量が少なく、1日ごとのデータ容量を気にしたくない方には、7GBをどこで使っても料金が変わらないSkyberryがおすすめです。

クラウドSIMのWi-Fiルーターを海外で利用する場合、1日おきに料金がかかるものが多く、1日あたり1,000円前後はかかります。しかしSkyberryは日本を含むボーダレス対象国なら月に3,980円で7GBまで使える定額制なので、海外で使う日数が長いほど1日あたりの料金はお得になります。7GBを超えてしまっても1GBあたり900円でチャージできますし、ボーダレス対象外の国でも1日あたり900円で300MB使えます。

日本と海外を頻繁に行き来する方や、月に7GBも使えれば十分という方にはSkyberryがおすすめです。

また、年1~2回くらいの頻度で海外へ行く方へは「国内ギガ盛りプラン」がおすすめです。国内で50GBまで使い放題で、そのうち2GBは海外でも利用が可能で、月額料金は3,980円です。

 

 

クラウドSIMのWi-Fiルーターを利用するときの注意点

クラウドSIMのWi-Fiルーターは海外でも使えますが、海外では日本と同じように使えないことも多いです。日本で使うときと海外で使うときで何が違うのか事前に確認しておきましょう。

【クラウドSIMのWi-Fiルーターを利用するときの注意点】

  • 海外で使用するときに別途利用料金が発生する可能性がある
  • 海外で利用する際は現地にあった充電プラグを用意する

事前にきちんと確認しておかないと、海外で充電が切れて使えなくなってしまったり、海外での使いすぎで月額料金が一気に上がってしまったりすることもあります。クラウドSIMのWi-Fiルーターを海外で使う前に、注意点を確認しておいてください。

海外旅行中の女性

 

海外で使用するときに別途利用料金が発生する可能性がある

クラウドSIMのWi-Fiルーターを海外で使用するときに、日本での使用でかかる料金とは別に利用料金がかかることがあります。

日本で使っているときは定額制で、使ったデータ容量に関わらず毎月同じ月額料金の請求が来ていても、海外で使用する場合はチャージ制で別途料金がかかるものもあります。特にデータ容量無制限のものは海外では別途料金がかかるものが多いので、事前にプラン内容や料金設定をよく確認しましょう

また、海外での利用時にはデータ量の制限がかかる場合があるので、こちらも事前に確認することをおすすめします。

 

海外で利用する際は現地にあった充電プラグを用意する

日本と海外では使用している電気の規格が違います。Wi-Fiルーターは現地の電気に対応していても、充電プラグが対応していなければ現地で充電できません

日本で使われている電気の電圧は100Vですが、日本の電圧は世界的に見ても低く、基本的に全世界対応の電圧は100V~240Vまでです。電圧が違う充電プラグを使ってもWi-Fiルーターの充電はできないので、クラウドSIMのWi-Fiルーターを持って海外に行くときは現地の電圧を事前に確認し、電圧アダプターを用意しておきましょう。

 

クラウドSIMのWi-Fiルーターは海外でWi-Fiを使いたい人におすすめ!自分に合ったルーターを選ぼう

クラウドSIMのWi-Fiルーターは海外で使うメリットが大きく、頻繁に海外に行く方や複数国に訪問する方におすすめです。

通信料金が高額になったり手続きが面倒だったりと、海外でのデータ通信には色々な悩みが付き物ですが、クラウドSIMのWi-Fiルーターを使えば海外でも快適な通信を利用できるでしょう

また海外で使う際は、別途利用料金やデータ容量の制限が発生したり、渡航先の電圧に対応したアダプタを持参する必要があったり、日本で使うときとは違った注意点もあるので、事前に確認して正しく使えるようにしておきましょう。

-クラウドSIM
-,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.