クラウドSIM

クラウドSIMテクノロジーとはどんな仕組みなの?メリット・デメリットを解説します!

投稿日:

クラウドSIMを使って海外に行く女性

クラウドSIMの仕組みと、従来のSIMカードとの違いを解説します。クラウドSIMは従来では端末の中に入れていたSIMをクラウド上で管理することにより、端末をより使いやすくすることに成功しました。なぜクラウド上でSIMを管理すると端末が使いやすくなるのか? 理由と具体的なメリット、デメリットを解説します。

 

クラウドSIMとは次世代の通信技術

クラウドSIMとは従来のSIMカードからは考えられなかったようなサービスを可能にする、次世代の通信技術です。

従来のSIMカードは1つの端末に対して1つの回線しか使えなかったり、海外で端末を使うときに料金が高額になったりしていましたが、クラウドSIMはこれらの問題を解決できます。

まだあまり普及していないため、耳慣れない方も多いであろうクラウドSIMの仕組みと、クラウドSIMでできることを解説します。

 

現在は端末にSIMカードが挿入されており、通信している

現在のスマホやガラケーなどの端末には、音声通話やWi-Fi環境がない状態でのデータ通信を行うために必要なSIMカードと呼ばれるカードが挿入されています。

 

【SIMカードでできること】

  • 音声通話
  • SMS
  • データ通信

SIMカードがなくてもWi-Fi環境があればインターネット利用などでのデータ通信は可能ですが、電話機能を用いた音声通話、SMSの利用、Wi-Fi環境がない状態でのデータ通信にはSIMカードが必要です。また電話番号などの利用者の情報は端末ではなくSIMカードに記録されているので、SIMカードを入れ替えるだけで同じ電話番号のまま簡単に機種変更ができます

しかし、海外に渡航した際、日本で使っていたSIMカードをそのまま利用すると通信費用が非常に高額になるため、現地でSIMカードを購入するなどして、対策する必要があります。

 

クラウドSIMとは端末ではなくクラウドでSIMカードを管理すること

クラウドSIMとは今までは端末に挿入していたSIMカードを端末ではなくクラウド上で管理する仕組みなので、物理的なSIMカードは必要ありません

これにより、SIMカードを入れ替えたり、SIMカードの規格を気にしたりする必要がなくなりました。

 

クラウドSIMの仕組み

クラウドSIMは物理的なSIMカードを使用せず、クラウド上で管理されています。

また今までのSIMカードはSIMの利用者と回線を提供している会社が直接契約を結ぶ形でしたが、クラウドSIMではクラウドSIMの提供会社が各回線会社と契約を交わし、端末の利用者がクラウドSIMの提供会社と契約するという形を取っています。

今までのSIMカードではSoftBankならSoftBankのSIMカードドコモならドコモのSIMカードが必要で、他キャリアの回線を利用したい場合は、使いたい回線のSIMカードが必要でした。

しかしクラウドSIMではクラウドSIMの提供会社が複数の回線会社と契約をしているので、ユーザーはクラウドSIMの提供会社1社と契約するだけで、複数の回線を利用できるのです。

 

クラウドSIMが注目されている理由

まだ広くは普及していないクラウドSIMですが、物理的なSIMカードではなくクラウド上でSIMカードを管理することには様々なメリットがあり、注目を集めています。

【クラウドSIMが注目されている理由】

  • 1台で複数のSIMを利用できる利便性
  • 国を問わずに利用できる

物理的なSIMカードが不要になり、必要なSIMカードをクラウド上で自動的に選んでくれるクラウドSIMはとても便利なサービスです。クラウドSIMのメリットや利便性について、詳しく解説していきます。

クラウドSIMを利用する女性たち

 

1台で複数のSIMを利用できる利便性

今までのSIMカードでは1つの端末につき1つのSIMカードを使うのが基本でしたが、クラウドSIMでは1つの端末で複数のSIMが利用できます。複数のSIMを利用するクラウドSIMでは、電波が悪いときは自動的に電波の良い回線に切り替えることができるため場所を選ばず快適な通信が行えます。

今までのSIMカードでは複数の回線を使いたいのであれば複数のSIMカードを持つ必要があり、利用料金やSIMカードを入れ替える手間を考えると、複数のSIMカードを利用することはあまり現実的とは言えませんでした。

クラウド上でSIMを管理することによって、複数のSIMを利用することが一気に簡単になったのです。

 

国を問わずに利用できる

スマートフォンやWi-Fiルーターなどの端末には海外では使えないものもありますし、使えるものでも国際ローミング料がかかり、利用料金が高額になりやすいです。

海外へ渡航した際には、現地のSIMカードを購入している方もいらっしゃると思いますが、複数のSIMを利用できるクラウドSIMでは、現地のSIMカードをわざわざ購入する必要がありません。クラウドSIMでは端末の位置情報をもとに必要なSIMを割り出し、自動的にSIMを切り替えてくれます。

例えばアメリカに行けばアメリカのSIMに切り替わりますし、イギリスにいるときはイギリスのSIMに切り替わります。クラウドSIMを使うことで国際ローミングの利用料を気にしたり、現地のSIMカードを用意したりせずに、海外でも安心して通信できるのです。

 

クラウドSIMとeSIMの違いは?

クラウドSIMとeSIMでは、誰が回線会社と契約をしているのかが違います。

クラウドSIMではクラウドSIMの提供会社1社との契約だけで複数のSIMが使えますが、eSIMでは使いたい回線を自分で選んで、回線ごとに契約を交わす必要があります。クラウドSIMはクラウドSIMの提供会社がSIMとの契約を行い、ユーザーはクラウドSIMの提供会社が契約している複数のSIMを自動的に切り替えながら使うことができます。

eSIMは通信事業者の団体が作った仕組みであり、ユーザーが好きなSIMを自分で選び、複数契約できるというものです。クラウドSIMと違って利用するSIMごとの複数の契約が必要で、SIMの切り替えも自分自身で行わなければなりません。

とはいえクラウドSIMとeSIMに優劣があるわけではなく、eSIMは契約や切り替えの手間がかかる代わりに必要最小限のSIMを選ぶことで利用料金を抑えることができますし、クラウドSIMは手軽に複数のSIMを使うことができます。

クラウドSIMとeSIMは、好みや使い方を考えて自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

クラウドSIMを利用するメリット

クラウドSIMには今までのSIMカードにはなかったメリットがあります。

 

【クラウドSIMを利用するメリット】

  • 複数の回線を利用できるようになる
  • 自動で適切な回線に切り替えてくれる
  • 海外でも複雑な手続きなしでスムーズに利用できる

クラウドSIMのメリットや、どんなときに役立つかを解説していきます。

 

複数の回線を利用できるようになる

複数の回線を利用できるクラウドSIMでは電波状況を気にすることが減り、様々な場所で快適な通信が可能でしょう。

クラウドSIMでは大手キャリアであるドコモ・au・SoftBankすべての回線が使えます。例えばSoftBankの電波状況が悪い場所でも、ドコモやauの電波に切り替えることで電波状況が良くなる可能性があります。実際、同じ場所でもキャリアによって電波状況が違うというのはよくあることです。

もちろん大手3社以外の回線も使えるので、今までのSIMカードと比べて電波状況が気になることは格段に減るでしょう

 

自動で適切な回線に切り替えてくれる

クラウドSIMは状況に応じて適切な回線に自動で切り替えてくれるので、面倒な設定や操作をせずに快適に使えます。

回線を使っている最中に電波状況が悪くなれば、電波状況の良い回線へと自動で切り替わります。自分で切り替える必要がなく、電波状況の良い回線を探す必要もないので、通信が遅いというストレスはかなり減るでしょう。

またクラウドSIMの回線は電波状況だけでなく、端末の位置情報をもとに適切な回線に切り替わります。海外に端末を持っていったときも事前に簡単な設定をしておけば自動的に現地の回線に切り替わるので、ストレスフリーで使えます。

 

海外でも複雑な手続きなしでスムーズに利用できる

クラウドSIM海外で使うときでも複雑な手続きなしで現地の回線を利用できます。

海外でもデータ通信を利用できる国際ローミングを使うと利用料金が高くなることが多いですが、クラウドSIMで現地の回線を使えば通信料金はかなり抑えらます。また現地でSIMカードを購入したりSIMを切り替える手続きをしたりしなくていいので、現地の言葉が話せなくても安心です。

ただ海外で使う場合は簡単な設定や別途料金が必要なことがあるので、詳細は事前にクラウドSIMの会社に確認するようにしましょう。

 

クラウドSIMを利用するデメリット

クラウドSIMはまだあまり普及していないサービスなので、メリットだけでなくデメリットもあります。

【クラウドSIMを利用するデメリット】

  • 対応している機種が限られる
  • 海外での通信制限がかかる可能性もある

クラウドSIMに限った話ではありませんが、自分にとってクラウドSIMは本当に必要なのか、自分の考えている使い方は本当にできるのかを確認してから端末やプランを選ぶようにしてください。

 

対応している機種が限られる

日本でクラウドSIM対応のスマートフォンを使いたい場合、選べる機種は「FREETEL P6」と「jetfon P6」のみとかなり限られます。またiPhoneはクラウドSIMに対応していないので、クラウドSIM対応のスマホを使いたい場合はAndroidしか選べません。

ポータブルWi-Fiルーターでは「どんなときもWiFi」や「NOZOMI WiFi」などがクラウドSIMに対応しており、スマートフォンよりも選べる機種は多いです。

国内の電波状況は年々良くなっていることもあり、クラウドSIMは国内での利用よりも、海外での利用時に便利なサービスです。

 

海外での通信制限がかかる可能性もある

クラウドSIMを海外で使う場合、通信量無制限のプランであっても通信制限がかかる可能性があります。

Wi-Fiルーターでは通信量が決まっているプランと無制限のプランが用意されているものがほとんどですが、クラウドSIM対応のWi-Fiルーターの中には無制限プランは国内専用のものもあります。また海外で通信する場合、国内ではかからなかった通信制限だけでなく別途料金がかかるものもあります

契約や渡航の前にプラン内容や通信制限についてよく確認しましょう。

 

クラウドSIMを利用しているサービス

クラウドSIMを利用したサービスを提供しているスマートフォンやWi-Fiルーターを紹介します。

 

【クラウドSIMIを利用しているサービス】

  • どんなときもWiFi
  • NOZOMI WiFi
  • jetfon

近年注目を集めているクラウドSIMですが、日本ではクラウドSIMを利用したサービスはまだあまり普及していません。しかしクラウドSIMは海外によく行く方にとって非常に便利ですし、最新のサービスを使ってみたいという方もいるでしょう。

クラウドSIMを利用しているサービスの中でも人気のものやおすすめのものを紹介していきます。

クラウドSIM

 

どんなときもWiFi

どんなときもWiFiはクラウドSIMを利用したモバイルWi-Fiルーターで、国内であれば通信量無制限で使えるのが特徴です。

モバイルWi-Fiルーターには決まった期間内に一定以上のデータ通信を行うと、一時的に通信速度が制限されるものが多いです。どんなときもWiFiでは通信状況やデータ容量に応じて最適な回線を選んで自動で切り替えてくれるため、データ通信量に制限がなく、回線にアクセスが集中する時間でも快適にインターネットを利用することができます。

またクラウドSIMの大きなメリットである海外での利用も可能で、手続き不要で131ヵ国での利用が可能です。

海外で利用する場合、1日あたり1,280円(非課税)もしくは1,880円(非課税)の料金が別途かかりますが、国際ローミングを使用するよりも料金を抑えられるでしょう。海外での利用料は1日単位で計算され、使わなかった日に海外利用料がかかることはありません。

なお海外で利用する場合は1日あたり1GBの制限があり、通信量が1GBを超えると通信速度は384Kbpsの一時制限がかかります。

 

NOZOMI WiFi

NOZOMI WiFiは国内で通信量無制限で使うことができるプランや海外では1日1,000円で使えるプランのある、クラウドSIMを利用したモバイルWi-Fiルーターです。

海外利用に対応した超大容量プランはチャージ制で、1,000円で1日500MBまでの通信量を事前にチャージして使います。なお海外利用は世界90ヵ国に対応しており、国内で利用する場合のデータ容量は100GBです。

また国内のみですが無制限プランという1日10GBまで使えるプランがあり、通常のモバイルWi-Fiルーターよりかなり多めの通信が可能です。1日に10GB以上のデータ容量を使うと翌朝9時まで通信速度が128Kbpsになりますが、1日で10GB使い切ることはほとんどないでしょう。

 

jetfon

jetfonは日本ではじめてクラウドSIMに対応したスマートフォンで、海外でも気軽に使うことができます。

海外で使う場合でも事前申し込みなどは不要で、簡単なアプリ操作だけで気軽に使えます。また滞在期間に合わせて料金プランが選べるので、少しだけ海外に行くときでも安心して使えるでしょう。

国内で利用する場合は最も電波状況のよい回線を探して自動的に接続してくれるので、山間の高速道路など、電波状況の悪い場所をよく通る方にもおすすめです。

 

【海外での利用料金】

日数 データ容量 利用料金
1日 300MB 380円~
7日 1GB 980円~
30日 3GB 1,880円~

※利用料金は国と地域によって変わります。表の金額は各日数の最も安い料金です。
※海外で利用する場合は課税対象外です。

 

クラウドSIMは頻繁に海外に行く人やデータ通信量が多い人におすすめ!仕組みを理解して上手に使おう

クラウドSIMは海外に頻繁に行く方や、モバイルWi-Fiルーターでたくさんのデータ容量を使う方におすすめできます。

頻繁に海外に行く方にとって従来のSIMカードは、国際ローミングによって利用料金が高額になったり料金を抑えるために現地のSIMカードを買う手間があったりと、不便さを感じる場面が多いものだったでしょう。クラウドSIMに対応した端末であれば海外でも手軽に利用できます。

また国内で利用する場合のメリットとしては従来のモバイルWi-Fiルーターよりも通信制限がかかりづらい点が挙げられます。モバイルWi-Fiルーターを使っていて通信制限がかかることの多い方にとって、クラウドSIM対応のWi-Fiルーターは重宝するでしょう。

クラウドSIMはまだあまり普及していないため選べる機種の制限こそありますが、上手に使えばかなり便利なサービスです。

-クラウドSIM
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.