クラウドSIM

クラウドSIMだと本当に海外でもそのまま使えるの?料金や速度はどうなの?

投稿日:

クラウドSIMを利用する女性

クラウドSIMの端末は、普段使っている端末を海外でもそのまま使えます。その場合、簡単な設定が必要な場合もありますが、面倒な手続きは不要なので、安心して使うことができるでしょう。本記事では、クラウドSIMを利用したスマホやモバイルWi-Fiルーターを紹介し、どんな方にどんなサービスがおすすめなのかを解説します。

 

クラウドSIMとは?

クラウドSIMとは、端末に挿入することで使っていたSIMカードと違い、クラウドサーバーでSIMを管理する仕組みです。

SIMには、固有のID番号や利用者の電話番号などが記録されています。クラウド上でSIMを管理することによって、複数のSIMを状況に応じて使い分けることができるので、クラウドSIMの端末は海外でも手軽に使うことができます

ここではクラウドSIMの仕組みと、海外での利用について解説します。

 

クラウドSIMの仕組み

クラウドSIMとは、クラウド上でSIMを管理し、1つの端末で複数のSIMを利用できるようにしたものです。通常SIMごとに対応した回線は決まっているので、対応したSIMを持っていない回線を使うことはできません。

しかし、クラウドSIMはSIMをクラウド上で管理することで、SIMの入れ替えを行わなくても、状況に応じて最適なSIMを使い分けることができるのです。

 

海外でも利用することができるサービスがほとんど

クラウドSIMは、各国のSIMをクラウド上で管理している為、ほとんどの製品が海外で利用できます

海外で端末を使う場合、国際ローミングを利用したり、現地で使えるWi-FiやSIMカードを用意したりする必要がありました。しかし、国際ローミングは利用料が高額になりやすく、現地で使えるWi-Fiは空港でレンタルする手間がありました。現地のSIMカードを購入すれば、Wi-Fiなしで使うこともできますが、やはり手間がかかります。

クラウドSIMの端末を海外に持っていくと、クラウドSIMが現地のSIMを自動で探し出して切り替えてくれます。現地のSIMに切り替えをすることで、国際ローミングやWi-Fiを使うことなく、普段使っている端末を手軽に海外で使うことが可能です。

 

クラウドSIMサービスを海外で利用したときの料金・容量・速度

クラウドSIMサービスを利用した、スマホやモバイルWi-Fiルーターを紹介します。

 

【クラウドSIMを利用したサービス】

  • jetfon(スマートフォン)
  • Skyberry(モバイルWi-Fiルーター)
  • どんなときもWiFi(モバイルWi-Fiルーター)
  • NOZOMI WiFi(モバイルWi-Fiルーター)

各端末の料金やデータ容量、最大通信速度について解説していきます。

クラウドSIMサービスを海外で利用している女性

 

jetfonの場合

jetfonは、クラウドSIMサービスを搭載した日本初のスマートフォンです。

最大通信速度は下り150Mbps、上り50Mbpsです。アジア圏の通信料金については以下のとおりです。

 

【通信料金:アジア圏】

渡航国数 エリア 日数プラン 料金
1ヵ国 中国・韓国・台湾 1日 380円
韓国・マレーシア 7日 980円
ベトナム・タイなど 30日 1,880円
2ヵ国以上 アジア周遊 7日 1,880円
30日 3,980円

 

1ヵ国の渡航の場合、日数別にプランを選ぶことができるので、滞在日数に応じて最適なものを選びましょう。

なお、通信料金は利用する地域によって異なります。渡航が2ヵ国以上の場合は、「周遊プラン」も用意されているので、国境をまたいでの旅行の際もお得に利用できます。以下のリンクより、地域ごとの通信料金を確認できます。

 

 

Skyberryの場合

Skyberryは、90ヵ国のボーダレス対象国ならどこで使っても同じ月額料金で利用できるのが魅力です

 

【利用料】

プラン名 容量 料金
海外プレミアプラン 7GB 3,980円
12GB 4,980円
17GB 5,980円
30GB 9,980円
国内ギガ盛りプラン 50GB 3,980円

 

Skyberryのプランは2つあり、国内外合わせて7GBまで使える「海外プレミアプラン」と、国内では50GB使えて、内2GBは海外でも利用できる「国内ギガ盛りプラン」があります。

もしデータ容量を使い切ってしまっても、900円で1GBをチャージすることもできます。またボーダレス対象外の国でも、追加料金900円を支払うことで1日300MBまでの利用が可能です。

最大通信速度は下り150Mbps、上り50Mbpsです。

 

 

以下で紹介する2つのWi-Fiルーターと比べて、「データ容量は少なくても良いから、海外でもよりお得に使いたい」という方に向いています

 

どんなときもWiFiの場合

どんなときもWiFiは、国内利用の月額料金3,480円に、使った日だけ海外利用料が別途発生する仕組みを使っています。最大通信速度は下り150Mbps、上り50Mbpsです。
接続も国内で利用している端末を、そのまま海外に持って行き、電源をONにするだけで利用可能です。

 

【海外利用料】

エリア 料金 容量
アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米 1,280円 1GB(超過後の通信速度384Kbpsにて無制限で利用可)
中東・南米・アフリカ 1,880円 1GB(超過後の通信速度384Kbpsにて無制限で利用可)

 

1日の料金としては高い印象を受けます。容量も1GBまでと少ないです。こちらは国内での利用が多く、海外渡航が少ない方に向いているといえるでしょう。

 

 

NOZOMI WiFiの場合

NOZOMI WiFiは、海外利用時はチャージ制で、使い方に合わせてチャージする仕組みになっています。世界90ヵ国以上で利用でき、海外利用時は、1日500MBを1,000円でチャージして使います。

NOZOMI WiFiには5つのプランがあり、海外利用が可能なプランは「超大容量プラン」のみです。月額3,780円で、国内では100GBのデータ容量が利用可能です。

なおNOZOMI WiFiは解約金がかからないので、利用期間が既に決まっている方にもおすすめできます。

最大通信速度は、下り300Mbps、上り150Mbpsです。

 

 

海外でクラウドSIMの利用がおすすめの人

クラウドSIMは海外によく行く方におすすめで、特に海外でも普段のWi-Fiやスマホを手軽に使いたい方におすすめです。

 

【海外でクラウドSIMの利用がおすすめの人】

  • 日本と海外を頻繁に行き来する人
  • 複数の国を旅行する人
  • 空港での受け取りの手間を減らしたい人

それぞれのサービスがどんな方におすすめか紹介しますので、自分にあったサービスを選びましょう。

クラウドSIM

 

日本と海外を頻繁に行き来する人

クラウドSIMを利用したサービスは、日本と海外を頻繁に行き来する方におすすめです。

海外に頻繁に行く場合、海外に行くたびに空港でWi-Fiをレンタルしたり、現地のSIMカードを購入したりするのは手間ですよね。さらに、国際ローミングでは、利用料金が高額になります。

日本と海外の行き来が頻繁な方には、モバイルWi-FiルーターのSkyberryがおすすめできます。Skyberryの「海外プレミアプラン」は、国内外合わせて7GBまで利用でき、月額料金が3,980円です。日割りすると1日133円~海外利用できるので、クラウドSIMサービスの中でも海外料金が特にお得なサービスといえるでしょう。

また、海外に行くのが頻繁でなくとも、複数の国を旅行する方にもおすすめできます。

 

複数の国を旅行する人

複数の国を旅行する方にもクラウドSIMサービスはおすすめです。現地ごとにSIMカードを購入したり、レンタルWi-Fiを用意したりするのは手間がかかるからです。

特にjetfonでは2ヵ国以上で利用できる周遊プランが用意されているので、複数の国でお得に利用することができるでしょう。

 

空港での受け取りの手間を減らしたい人

空港でのレンタルWi-Fi受け取りの手間を減らしたい方には、クラウドSIMのモバイルWi-Fi-ルーターがおすすめです。クラウドSIMのモバイルWi-Fiルーターは、普段使っているものを海外に持って行くだけで使えるので、受け取りや返却の手間がありません。

特にどんなときもWiFiは設定も不要で、海外に持って行き電源をONにするだけで海外利用が可能です。

 

海外にいるときのみ利用できればいい場合は海外用レンタルWi-FiルーターでもOK

海外に行くことはあるけど頻繫ではないという方や、海外にいるときだけ使えればいいという方には、海外用のレンタルWi-Fiルーターもおすすめです。

受け取りや返却の手間はありますが、国際ローミングよりは料金を抑えられる場合が多く、使い終わったら返してしまうので性能にこだわらずに気軽に選ぶことができます。

クラウドSIMを利用した端末は、海外で利用できて便利ですが、最大通信速度は従来の端末と比べて低いものがほとんどです。普段使うWi-Fiの性能にこだわりたい方は、海外にいるときだけレンタルWi-Fiルーターを使って、国内ではより性能にこだわったWi-Fiルーターを使うといいでしょう。

 

 

上記は海外用のレンタルWi-Fiの一例です。200ヵ国以上に対応しており、空港によっては、カウンターに並ばずに受け取り可能な「受け取り専用ロッカー」も利用できます

 

クラウドSIMは普段使っている端末を海外でも使えて便利!自分に合ったサービスを選ぼう

クラウドSIMを利用したスマホやWi-Fiルーターは、国内で利用している端末を海外でも利用でき、海外で使うときも手続き不要で手軽に利用可能です。従来のSIMカード型の端末を海外で利用する場合、国際ローミングでは利用料金が高くなりますし、レンタルWi-Fiや現地のSIMカードを利用する場合は手間がかかります。

クラウドSIMを利用したサービスを使うことで、普段使っている端末を海外でもそのまま利用することができ、利用料金も抑えることが可能です。

クラウドSIMのサービスを選ぶときは、普段の使い方や海外に行く頻度、どの程度のデータ容量を使いたいのかなどを考え、自分に合ったサービスを総合的な目線で選びましょう

-クラウドSIM
-,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.