クラウドSIM

クラウドSIMはiPhoneやスマホでも利用できるの?eSIMとの違いは何?

投稿日:

クラウドSIMがiPhoneやスマホでも利用できるのか悩む男性

クラウドSIMをiPhoneなどのスマホで利用することはできませんが、eSIMというクラウドSIMと似たサービスを利用することができます。クラウドSIMとeSIMの違いを、仕組みやメリット・デメリットを含めて解説します。クラウドSIMやeSIMにこだわりすぎずに使いたい端末を使うようにしましょう。

 

クラウドSIMとは?

クラウドSIMとは従来のSIMカードをクラウド上で管理することで、1つの端末で複数のSIM、複数の回線を自動で切り替えながら使用できるようにしたものです。

SIMとは端末利用者の電話番号情報を記録したもののことで、SIMに記録された電話番号情報をもとに利用者の特定やプラン照会が行われます。

SIMカードを端末の中に挿入する従来の形式では、1つの端末で複数のSIMを利用するのは難しいことでした。使いたいSIMカードをその枚数分所持しなければならず、SIMを切り替えるたびにカードを差し替える必要があるからです。

クラウドSIMは必要に応じて自動でSIMを切り替えてくれるので、1つの端末で複数のSIMを手軽に利用することができます。

 

クラウドSIMをスマホで使う方法は?iPhoneでも利用できるの?

クラウドSIM対応のスマホを使うかクラウドSIM対応のWi-Fiに接続することで、スマホでクラウドSIMを使うことができます。

ただしクラウドSIM対応のスマホはAndroidしかなく、クラウドSIMに対応したiPhoneはありません。iPhoneでクラウドSIMを使いたい場合は、クラウドSIMに対応したWi-Fiに接続してみましょう。音声通話はできませんが、データ通信は可能です。

その他にも、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降はeSIMという、クラウドSIMと似た次世代型のSIMに対応しています。eSIMとは、自分で電話番号情報を書き換えて、利用するSIMを切り替えることができるSIMです。

 

「jetfon」がクラウドSIMに対応している

jetfonはクラウドSIMに対応したAndroid端末で、通信障害が起きたときに自動で電波状況の良い回線に切り替えができ、簡単なアプリ操作を事前にするだけで海外でも日本と同じように使えるスマホです。

クラウドSIMに対応した「jetfon」は、自動で電波状況の良い回線を探して接続します。電波状況が悪くなったときや電波障害が起きたときなどは、クラウドSIMが最適な回線を探して接続を自動で切り替えてくれます。

また海外に行く前に簡単なアプリ操作をしておくことで、海外でも不自由なく端末を使えます。

従来のSIMでは、海外で端末を使うにはSIMカードを現地のものに変えたり現地で使えるWi-Fiを使ったりするか、利用料金の高い国際ローミングを使う必要がありました。しかし、jetfonでは国際ローミングよりも安く、現地のSIMカードを買ったりWi-Fiをレンタルする手間もなく、1日380円から海外で使うことができます。

【jetfonの海外利用料金】

日数 通信量 料金
1日 300MB 380円~
7日 1GB 990円~
30日 3GB 1,880円~

※利用料金は地域によって異なります。上記の表は最も安い地域の料金です。
※海外利用時には料金は課税対象外です。

 

 

 

iPhoneはeSIMに対応している

前述のとおり、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降はeSIMに対応しています。eSIMとは端末に埋め込んで、使いたいSIMを自分で選び切り替えられるSIMのことです。

クラウドSIMではクラウド上で管理したSIMの中から、自動で使いやすいSIMに切り替えることができました。また複数のSIMを利用する場合でも、各回線とその都度契約する必要はなく、契約先はクラウドSIMの提供会社1社のみでした。

eSIMでは使いたいSIMを自分で選び、自分で契約をします。契約したSIMの中から自分の使いたいものを選び、手動で切り替えられるのがeSIMです。

eSIMはクラウドSIMとは異なり、手動でSIMを切り替えたり使いたいSIMの会社と自分で契約したりする手間がかかりますが、必要なSIMを厳選することができるため、クラウドSIMよりも料金を抑えられる場合もあります。

 

クラウドSIMとeSIMの違い

クラウドSIMとeSIMでは、SIMを管理している場所が違います。クラウドSIMではクラウド上、eSIMでは端末に埋め込んで、それぞれSIMを管理しています。

また複数のSIMを利用し、状況に応じてSIMを切り替えられるという点は同じですが、SIMの切り替え方法が違います。クラウドSIMは自動で切り替え可能ですが、eSIMでは手動での切り替えが必要です。

クラウドSIMとeSIMの仕組み上の違いや、それぞれのメリット・デメリットについて解説します。

 

クラウドSIMとeSIMの違いを説明する女性

 

クラウドSIMの仕組み

クラウドSIMはクラウド上でSIMを管理することで、複数のSIMを自動で切り替えながら使うことができる仕組みです。

クラウドSIMで使える回線は、エンドユーザーではなくクラウドSIMの提供会社と契約をしています。クラウドSIMの提供会社が複数の回線会社と契約し、クラウド上で管理することで、SIMが管理されているクラウドを通してエンドユーザーは複数のSIMを利用することができます。

ユーザーは1つの契約で複数のSIMを、必要に応じて自動で切り替えながら利用できるのがクラウドSIMの大きなメリットです。

 

eSIMの仕組み

eSIMはデュアルSIMとも呼ばれ、端末に埋め込まれたSIMの電話番号情報をユーザー自ら書き換えることで、複数のSIMを手動で切り替えながら使うことができる仕組みです。

クラウドSIMとは違い、eSIMではユーザーは使いたいSIMを自分で選び、自ら契約します。

クラウドSIMと比べて契約や切り替えの手間はありますが、必要最低限のSIMを選ぶことで料金を割安にすることも可能です。

 

iPhone派の人はeSIM、それ以外はクラウドSIMがおすすめ

iPhoneはの方はiPhone対応のeSIMが、それ以外の方にはクラウドSIMがおすすめです。

iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降のiPhoneであれば、eSIMに対応しています。

eSIMには使いたいSIMだけを厳選し料金を抑えられるというメリットがありますが、自動で回線の切り替えができるクラウドSIMに比べてeSIMには自分で切り替えをする必要があるという手間や、海外での盗難リスクがあります。

 

海外に行く時にはiPhoneだと盗難のリスクがあることも

海外旅行では盗難リスクが付き物ですが、海外ではAndroidよりもiPhoneの方が高価なため、盗難のリスクが上がります。

盗難に遭ってしまった場合は携帯会社に連絡して回線を止めてもらったり、PCなどの端末から携帯端末の情報を消去したり、警察への届出などの対応が必要です。
海外で盗まれた携帯が戻ってくる可能性は極めて低く、iPhoneを海外で利用する際には注意が必要です。

 

クラウドSIMだと複数の回線を自動的に切り替えてくれるので楽

クラウドSIMは状況に応じて複数の回線を自動で切り替えてくれるのでとても楽です。自分で操作する必要がないので、機械が苦手な人も手軽に使えるでしょう。

例えばクラウドSIMを利用した「jetfon」では、常に電波状況の最も良い回線に自動接続し、電波障害などが起きれば自動で回線を切り替えてくれます。回線の障害情報を調べたり、電波状況の良い回線を探す手間はかかりません。

海外で使いたい場合も事前にアプリ操作や簡単な設定を行うだけで使えますし、操作はすべて端末上で完結します。

 

クラウドSIMはiPhoneでは使えないが、代わりにeSIMが使える!

クラウド上でSIMを管理するクラウドSIMには様々なメリットがありますが、iPhoneには対応しておらず、AndroidやWi-Fiでしか使うことができません。

iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降はeSIMというクラウドSIMに似た仕組みに対応しているので、クラウドSIMのように海外で手軽に端末を使いたいiPhoneユーザーの方は利用しましょう。

クラウドSIMはクラウドSIMの提供会社1社との契約だけで、複数のSIMを状況に応じて切り替えられるので非常に楽に使えます。eSIMは使いたいSIMと自分で契約したり、切り替えが手動だったりと手間のかかる部分はありますが、使いたいSIMを厳選することができます。

クラウドSIMやeSIMにこだわりすぎず、自分にとって使いやすい端末、使いやすいプランを使うようにしましょう。

-クラウドSIM
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.