どんなときもWiFi

どんなときもWiFiの速度が遅いって本当?遅いときの対処法もチェックしよう

投稿日:

どんなときもWiFiの速度について紹介する女性

どんなときもWiFiの口コミについて調べていると、「通信速度が遅い」という噂を目にすることがありますが、本当のことなのでしょうか?本記事では、どんなときもWiFiの速度の実測値や他社のモバイルWi-Fiと比べて遅いのかについてわかりやすく解説します。

 

どんなときもWiFiの速度が遅い噂の真相は?

WebサイトやSNSで見かける「どんなときもWiFiは、速度が遅い」という噂の真相について知るには、公式サイトの掲載情報や実際に使っている人の速度に関する口コミについて詳しく調べる必要があります。

まずは、どんなときもWiFiの速度と利用者の口コミからチェックしていきましょう。

 

どんなときもWiFiの速度

どんなときもWiFiの速度について公式サイトの情報をチェックしていきます。下りと上りの最大速度に関する詳細は、下記のとおりです。

【通信速度表】

最大速度(下り) 最大速度(上り)
150Mbps 50Mbps

下りが150Mbps、上りが50Mbpsも最大速度として出るのなら、インターネットの快適性は非常に高いといえます。インターネットの通信速度は、10~30Mbpsもあれば快適に接続できるため公式サイトの情報を見る限りは、速度の遅さを心配する必要はありませんね。

 

実際に使っている人の速度に関する口コミ

どんなときもWiFiの速度が遅いのなら、実際に使っている人が口コミを書いているはずです。次に、速度に関する口コミから実測値の詳細やインターネットは繋がりやすいのかについて確認していきます。

 

実測値はそれほど遅くない

どんなときもWiFiの速度は、本当に遅いのでしょうか。下記は、速度に関する口コミです。

【口コミ例】

「上り9.1Mbps、下り14.39Mbpsで少し遅いけど、特に問題ないですね」


「引っ越し先で上り21.01Mbps、下り39.95Mbpsだったので快適でした」


「上り27.7Mbps、下り52.6Mbpsの実測値には大変満足しています」


「お昼の時間帯に使ってみたのですが、ちょっと回線速度が遅いですね」


「窓がない部屋が関係しているのか、それほど速度は出ませんがインターネット検索やSNSくらいなら問題なく利用できます」

実測値には満足しているという声、遅くなる時間帯もあるが、インターネット検索やSNSの利用であれば問題ないといった口コミが多数ありました。
実測値として30 Mbps前後を記録するのなら、通信速度の遅さに頭を悩ませることはありません

 

他のモバイルルーターが繋がりにくい場所でも繋がる

どんなときもWiFiは、クラウドWi-Fiという通信技術を採用することでSoftBank・docomo・auのトリプルキャリアネットワークに対応しています。この仕組みを利用すれば、1枚のSIMカードの回線に限定されず、幅広いエリアでインターネット接続ができます。繋がりやすさに関する口コミは、下記のとおりです。

【口コミ例】

「自動的に回線が割り当てられるので、難しい操作も必要なく非常に快適です」


「山奥にある建物の中でもインターネットは、快適に利用できています」


「WiMAXを利用していた際、繋がりづらかったエリアも繋がるようになりました」

上記のとおりどんなときもWiFiなら他社のモバイルルーターが繋がりづらい場所でも、受信強度や通信速度の安定性などから最適な回線を自動的に見つけられます。

 

どんなときもWiFiの速度を他のモバイルWi-Fiと比較

どんなときもWiFiの速度に関する口コミは、比較的良いのもが目立っています。では、他社のモバイルWi-Fiと比較して速いのか遅いのかを判断してみましょう。

【通信速度の比較表】

回線名 最大速度(下り) 最大速度(上り)
どんなときもWiFi 150Mbps 50Mbps
UQ WiMAX 440Mbps 35Mbpsまたは75Mbps
Pocket WiFi 988Mbps 37.5Mbps
NOZOMI WiFi 187.5Mbps 37.5Mbps

上記の比較表からどんなときもWiFiは、少し下りの速度が劣っていることがわかります。ただし、通常のインターネットの利用なら速度的に特に問題ありません。そして、比較表の速度は実測値ではなくベストエフォートなので注意が必要です。

どんなときもWiFiの速度を他社と比較する女性

 

速度は実測値ではなく、ベストエフォートなことに注意

どんなときもWiFiの公式サイトには、「この速度はシステム上の最大速度でありお客様の実利用速度を示すものではございません」と記されています。

これは「ベストエフォート型」と呼ばれるもので、その速度表示は理論上の数字であり、サービスの品質レベルそのものを常に保証するものではありません。

例えばベストエフォート上は、30Mbpsの速度が表示されていても、実測値は5Mbpsを計測することがあります。25Mbpsもの差がありますが、これは場所や通信環境などによるもので、実測値と最大速度は異なる場合がほとんどです。

 

既に利用している人の実測値を確認しよう

インターネット上に既に利用している人の実測値が公開されていたため、実測情報をまとめていきます。

 

【実測情報一覧】

下り速度 上り速度
35.00Mbps 20.50Mbps
41.30Mbps 23.70Mbps
39.20Mbps 22.10Mbps
13.20Mbps 25.20Mbps

実測値は、30Mbps前後を記録していますね。どんなときもWiFiの実測値のスピードは決して遅くなく、30Mbps前後なら動画視聴やオンラインゲームを十分に楽しめます。

 

どれくらいのスピードが出ていると快適に利用できるの?

どんなときもWiFiの実測が30Mbps前後と説明されても、今ひとつ速度が速いのか遅いのか判断が難しいかと思います。その際は、スピードと快適性に関する下記の表を参照してください。

 

【スピードと快適性の詳細一覧】

スピード 通信の快適性
30Mbps以上 非常に快適に使える
10~30Mbps 快適に使える
5~10Mbps まあまあ快適だが、使い方によっては満足できない可能性がある
1~5Mbps パソコンだと動画が止まる時が出てくる
動画の視聴が困難、または高画質画像の表示が遅い

インターネットは、10~30Mbpsもあれば快適に利用できます。電波が弱く1~5Mbpsになった場合は、高画質の動画を視聴するのが難しくなってきます。

 

どんなときもWiFiの速度が遅いときの対処法は?

どんなときもWiFiと契約したものの「思っていたよりも速度が遅くて通信状態が安定しない」と感じることもあるでしょう。その際の有効な対処法は、下記のとおりです。

 

【対処法一覧】

  • 再起動して回線を切り替える
  • ルーターを電波の届きやすい場所に置く
  • 契約から8日以内の場合「初期契約解除制度」を利用して解約する

 

再起動して回線を切り替える

回線速度が遅いのは、通信状態の悪い通信キャリアと繋いでしまっていることが原因かもしれません。現在、繋いでいる回線速度が遅いと感じる場合は、モバイルルーターを再起動して接続中の回線を切り替えてみましょう

モバイルルーターを再起動すると、利用中のエリアや建物環境に応じた最適な通信キャリアを再度自動的に見つけてくれます。再起動のやり方については、契約時に受け取る端末マニュアルで確認してください。

「本来なら、確実にインターネットに接続できる環境なのに繋がらない」という方は、モバイルルーターの故障を疑った方が良いでしょう。モバイルルーターが正常に稼働しない場合は、公式サイトの「利用状況報告フォーム」から相談しましょう。

 

 

ルーターを電波の届きやすい場所に置く

自宅の好きな場所にモバイルルーターを設置しているけども「本当は、どこに置くのが正解なの?」と思っている方もいるでしょう。モバイルルーターは、設置場所によって受信できる電波の安定性が大きく異なるため、少しでも電波の届きやすい場所に置いてください。

モバイルルーターを設置する際、下記のことを頭の片隅に入れながら最適な設置場所を探してみましょう。

 

【設置のポイント】

  1. 床から1~2mの電波の入りやすい高い位置に設置する
  2. 周りが囲まれた電波の入りづらい棚の中に入れない
  3. 電波遮断の可能性のある布袋をかぶせない
  4. 電波が届きづらい部屋角に置かない
  5. 電波が反射する金属や鏡を近くに置かない
  6. 電波の入りやすい窓の近くに設置する

電波の入り方は、モバイルルーターをたった数cm動かしただけでも大きく変わります。上記のポイントを参考に、室内でも電波の入りやすい場所を探してインターネットへ接続してみてください。

 

契約から8日以内の場合「初期契約解除制度」を利用して解約する

何度もモバイルルーターの位置を変えてみたものの「通信速度が遅くて使いものにならない」と感じるのであれば、「初期契約解除制度」を利用しましょう。初期契約解除制度とは、商品の受領日から起算して8日以内に、グッドラックサポートセンターまで連絡すれば契約解除ができる制度のことです。

初期契約解除制度は、どんなときもWiFiの公式サイトにある「初期契約解除申請書」のフォーマットを利用すると手軽に申請できます。

 

初期契約解除申請書を申請する際、申請期限や返送方法などの詳細については、下記の公式サイトでご確認ください。

 

どんなときもWiFiの速度が遅いのは真実ではない

どんなときもWiFiの実測値は、30Mbps前後です。30Mbpsもあれば、インターネット検索や動画視聴、オンラインゲームなどを快適に楽しめます。「どんなときもWiFiの速度が遅い」という方は、公式サイトの速度表示がベストエフォートであることを知らず、最大速度と実測値の差に驚いたり、モバイルルーターが電波の届きにくい場所にあったりするのかもしれません。

ベストエフォートの値は、あくまでも理論値であって実際の速度とは異なります。また、通信速度の改善にはモバイルルーターの設置位置を変更したり、再起動して別回線に繋ぎ直したりする方法がありますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

それでもなお、通信速度が遅いままなのであれば、初期契約解除制度を利用して契約を解除することもできます。

-どんなときもWiFi
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.