どんなときもWiFi

どんなときもWiFiを海外で使用するときの料金は?特別な設定や制限はあるの?

投稿日:

どんなときもWiFiを海外で使用する女性

どんなときもWiFiを海外で利用する際、1度も利用経験がなければ「本当に特別な設定なしでインターネットができるの?」と疑問に思う方もいるでしょう。本記事では、どんなときもWiFiを海外で使用するときの料金やデータ通信量に制限はないのかについてわかりやすく解説します。

 

どんなときもWiFiを海外で利用したい!

どんなときもWiFiがあれば、たった1台のルーターで日本でも海外でもインターネット接続ができます。他社のルーターと比べて、魅力的なポイントは下記のとおりです。

  1. 特別な設定をしなくても電源を入れるだけで利用できる
  2. 世界131ヵ国で利用できるので数ヵ国まわるときにも便利
  3. 海外でトラブルがあっても遠隔操作でサポートしてもらえる

まずは、どんなときもWiFiのそれぞれの魅力をご説明します。

 

特別な設定をしなくても電源を入れるだけで利用できる

今まで海外でWi-Fiを利用するには、ルーターの契約や海外オプションへの加入手続きが必要なのが一般的でした。しかし、どんなときもWiFiなら面倒な手続きや特別な設定をしなくても電源を入れるだけで旅行先や出張先で簡単に利用できます。

そのため、海外に行くたびに海外用のルーターを有料レンタルしていた方や別途有料のオプションに加入していた方は、どんなときもWiFiを使い始めることで面倒な手続きから解放されます。

国内で利用している端末をそのまま海外まで持参し、電源をオンにすれば日本で使っていたときと同じように、海外でもインターネットが楽しめます。

 

世界131ヵ国で利用できるので数ヵ国まわるときにも便利

どんなときもWiFiは、海外利用時に申請不要で日本を含む世界131ヵ国で利用できます。そのため、海外旅行や仕事で数ヵ国まわる際、端末をそのまま持っていくだけでインターネット接続が可能です。

どんなときもWiFiが利用できるエリアは、アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米などの「利用エリア1」と中東・南米・アフリカなどの「利用エリア2」にわかれています。

利用エリアについての詳細は下記ページ中程にある「詳しい利用国一覧はこちら」からご確認ください。

 

海外でトラブルがあっても遠隔操作でサポートしてもらえる

海外旅行先や出張先で「どんなときもWiFiが通信トラブルを起こさないか不安」という方もいるでしょう。もし、海外で通信トラブルが起きた場合は、お客様サポートセンターが遠隔操作でサポートしてくれるため非常に安心です。

遠隔操作サポートを利用する際は、端末の電源をオンにしておく必要があります。サポートセンターの情報は、下記のとおりです。

【お客様サポートセンター】
電話番号:0120-048-277(無料)
受付時間:11:00~18:00(月~土曜日、年末年始除く)

お客様サポートセンターには、フリーダイヤルがありますが無料で電話ができるのは日本から電話をかけたときに限られます。つまり、無料なのは日本国内の回線分だけで、海外の回線については有料です。

基本的に海外から日本へ電話をかけると通常の料金よりも高くなるため注意してください。

 

どんなときもWiFiを海外で利用するときは1日1GBまでの制限がある

どんなときもWiFiは、データ容量無制限でインターネットが使い放題のサービスですが、海外で利用するときは1日1GBまでの制限があります。仮に、その制限を超えてインターネットを使用し、速度制限がかかったとしても384Kbpsで利用できます。

次に、どんなときもWiFiの速度制限時の速度や制限後のリセットタイムについて確認していきます。

 

海外で速度制限にかかっても384Kbpsで利用可能

国内での利用ならデータ容量無制限となっているため、長時間の動画視聴やオンラインゲームを楽しんでも何も問題ありません。ただし、海外では1日ごとに1GBまでの制限が設けられています。

その制限を超えて利用した場合、速度制限を受けます。一般的な海外レンタルのWi-Fiサービスなら、一部例外を除いて容量到達後の速度を「128Kbps」としています。しかし、どんなときもWiFiなら海外旅行先や出張先で速度制限にかかっても「384Kbps」で利用できます。

つまり、一般的な海外レンタルのWi-Fiサービスと比べて、どんなときもWiFiなら256Kbpsも速く利用できます。低速通信時でも快適に利用できるのは、どんなときもWiFiの大きな魅力といえますね。

 

384Kbpsでは何ができるの?

海外で1日1GBの制限を超えて利用すれば、384Kbpsの速度制限を受けます。実際に、384Kbpsの速度制限を受けた場合、何ができるのでしょうか。384Kbpsでできることは、下記のとおりです。

【384Kbpsの速度でできること一覧】

  • 標準画質での動画閲覧
  • 地図アプリの使用
  • トークアプリの使用
  • Webサイトの閲覧

上記のとおり、一般的なインターネットの使用なら何も問題ありません。他社の海外レンタルのWi-FiサービスならSNSやメールの送信はできても、動画視聴やWebサイトの閲覧は難しい事が多いですが、どんなときもWiFiが速度制限後でも様々なことができるのは、一般的な海外レンタルのWi-Fiサービスと比べて、256Kbpsも速く利用できるためです。

 

海外で速度制限にかかったときのリセットタイム

仮に、海外で速度制限を受けたとしても、リセットタイムになれば制限が解除されます。リセットタイムは、日本時間の朝9時(グリニッジ標準時0時)です。世界のリセットタイムの時間は、時差の関係で異なります。1日のリセットタイムについては、下記ページの「各国の1日のリセットタイムを確認する」よりご確認ください。

 

どんなときもWiFiを海外に行くときだけレンタルすることはできるの?

どんなときもWiFiには海外利用時の別途オプション契約や申請手続きが必要ないため「どんなときもWiFiを海外に行くときだけレンタルすることはできるの?」と思っている方もいるでしょう。確かに、海外旅行や出張時に限ってWi-Fiルーターをピンポイントで利用できれば、無駄な出費が発生しないため非常に便利ですよね。

どんなときもWiFiを海外に行くときだけレンタルすることはできるのか説明する女性

 

どんなときもWiFiの端末を海外に行くときに限りレンタルすることはできますが、途中解約すれば違約金が発生するため正直、おすすめできません。例えは、0~12ヵ月以内に解約すれば違約金として19,000円(税別)の契約解除料が発生します。

実際に、サポートセンターへ「どんなときもWiFiを海外に行くときだけレンタルできますか?」と問い合わせてみたところ、「どんなときもWiFiは2年毎の自動更新となりますので途中解約となりますと違約金が発生し、お客様がお得に利用することは難しいです」との回答をいただきました。

通信機器のレンタルはできますが、違約金を考えれば正直お得とはいえないため、海外利用時に限る契約なら他社のサービスを検討した方が良いでしょう。

 

どんなときもWiFiを海外で利用するときの料金は?

もし、海外でどんなときもWiFiの端末をなくしてしまう、またはだれかに盗まれてしまったらどうすれば良いのでしょうか?紛失や盗難による賠償金の支払いが発生しないか気になるところです。

次に、どんなときもWiFiを海外で利用するときは、1日でどれくらいの料金が発生するのか、月額費用はいつもどおり請求されるのかについてご説明します。

 

あんしん補償込みで1日1,280円~

どんなときもWiFiの海外利用料は、あんしん補償込みで1日1,280円~となっています。あんしん補償とは、海外利用時に端末を紛失、または盗難されても中古ランクA品を送ってもらえる補償のことです。
あんしん補償があれば、端末をなくしたり、だれかに盗まれたりしたとしても改めて別途購入する必要がなく安心です。

そして、どんなときもWiFiの海外利用料は、利用国エリアによって利用料が異なります。現在、利用国エリアは「エリア1」と「エリア2」の2つに分類されています。

アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米などの「利用国エリア1」に該当する国なら日額1,280円、中東・南米・アフリカなどの「利用国エリア2」に該当する国なら日額1,880円です。

利用国エリアごとの海外利用料については、下記ページの「詳しい利用国一覧はこちら」からご確認ください。

 

実際に使った利用日のみ請求があるので安心

一般的な海外レンタルのWi-Fiサービスは、端末を借りた日~返す日までの全日数分が請求対象となります。一方でどんなときもWiFiは、実際に使った利用日のみの請求となるため安心です。例えば、3泊5日のハワイ旅行の場合、海外利用料の請求内容は下記のとおりです。

【海外利用料の請求内容】

日付 端末使用状況 料金
1日目 使用した 1,280円
2日目 使用した 1,280円
3日目 未使用 0円
4日目 未使用 0円
5日目 未使用 0円

 

どんなときもWiFiの端末を5日間にわたって海外に持参しても、2日間しか利用していなければ海外利用料は2,560円しか支払う必要はありません。未使用日は、0円です。実際に使用した2日間だけが請求の対象となるため、一般的な海外レンタルのWi-Fiサービスよりもお得に利用できます。

 

月額費用は通常通り発生するので注意

どんなときもWiFiの利用が海外に限られていれば、月額料金を支払う必要はないのでしょうか。どんなときもWiFiの月額料金は、海外利用時でも別途発生します。そのため、海外で利用する場合は、月額費用に海外利用料が追加されて請求されます。

どんなときもWiFiを海外で利用していたからといって、月額費用が免除されることはないため注意してください。

 

どんなときもWiFiがあれば旅行先や出張先でインターネットに困らない

日本でインターネットを使っているときと同じように海外旅行先や出張先でWebサイトの閲覧やSNSなどを利用したいのなら、特別な設定をしなくても電源を入れるだけで利用できるどんなときもWiFiがおすすめです。

どんなときもWiFiの端末があれば、世界131ヵ国で利用できるため数ヵ国まわるときにも非常に便利です。海外利用時は1日1GBまでの制限がありますが、仮に通信制限を受けても384Kbpsで利用できるため、Web検索やSNSの使用など、一般的なインターネットの利用なら全く問題ありません。

万が一、海外で通信トラブルにあってもお客様サポートセンターが遠隔操作でサポートしてくれるため安心です。

-どんなときもWiFi
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.