クラウドSIM

【初心者向け】クラウドSIMはカードが存在しない?クラウドSIMを利用する方法を解説します

更新日:

クラウドSIMを利用する女性

クラウドSIMは物理的なSIMカードを使わずに、クラウド上でSIMを管理する仕組みです。クラウドSIMではSIMカードなしで複数の回線を利用できるので、普段使っている端末を海外で手軽に使ったり、状況に応じて回線を切り替えたりできます。クラウドSIMの仕組みや、クラウドSIMを利用したサービスについて解説します。

 

SIMカードの役割とは?

SIMカードの役割は主に2つあり、1つは利用者の電話番号を記録しておくこと、もう1つは音声通話やデータ通信を可能にすることです。

実はスマホや端末だけでは音声通話やモバイルデータ通信を使うことができません。
SIMカードの役割や種類について詳しく解説していきます。

 

スマホには基本的に1端末1枚のSIMカードが入っている

スマホでインターネットに接続するためには、SIMカードを利用してドコモやau、SoftBankなどの回線に繋ぐか、Wi-Fiを利用する方法があります。

SIMカードにはそれぞれ対応した回線が決まっており、1つのSIMカードが対応している回線は1つです。例えばドコモのSIMカードを使ってSoftBankの回線に繋ぐことはできませんし、反対にSoftBankのSIMカードでドコモの回線を利用することもできません。

また利用者の電話番号情報はスマホや携帯電話などの端末ではなくSIMカードに記録されているため、SIMカードが挿入されていない端末では音声通話ができません。

 

複数のSIMカードを利用できる端末もある

デュアルSIMと言われる、1つの端末で複数のSIMカードを利用し、複数の回線を利用できる端末もあります。

デュアルSIMの端末の特徴は、名前の通り2つのSIMカードを挿入できる点です。通常の端末ではSIMカードを入れるSIMスロットには1つのSIMカードしか入れることができませんが、デュアルSIMの端末には1つのSIMスロットに2つのSIMカードを入れることができます。

2つのSIMカードを入れることで、状況に応じて回線を使い分けることが可能です。例えば普段は格安SIMの回線を使い通信料を抑えつつ、夕方や夜などの回線へのアクセスが集中し通信速度が遅くなる時間帯は大手キャリアの回線へ切り替えて速度低下を避けたり、海外に行くときに現地の回線を使うことで高額な国際ローミングを使わずに済んだりします。

後述するクラウドSIMでは、デュアルSIMのように複数の回線を使い分けることができるのはもちろん、デュアルSIMよりも多くの回線をより手軽に利用することが可能です。

 

SIMカードは複数のサイズがある

現在使われているSIMカードには3種類のサイズがあり、既に使われなくなったものを含めると合計4種類のサイズがあります。

 

【SIMカードのサイズ】

サイズ
☆標準SIM 25mm 15mm
☆microSIM 15mm 12mm
☆nanoSIM 12.3mm 8.8mm
フルサイズSIM 53.98mm 85.60mm

 

現在では☆印のついた3種類のSIMカードが主に使われており、最も大きなサイズであるフルサイズSIMはほとんど使われていません。また上記の4種類の他にマルチSIMという種類もあり、マルチSIMは金属チップの周りのカード部分を切り取ることでフルサイズSIM以外の好きなサイズにして使うことが可能です。

ちなみにフルサイズSIMはクレジットカードと同じサイズで、現在ではほぼ使われなくなりましたがSIMカードが最初ついている台紙がフルサイズSIMの大きさになっているなど名残は残っています。

 

通信用のSIMカードと通話も可能になるSIMカードがある

SIMカードにはサイズ以外にも種類の違いがあり、SIMカードには3種類の機能があります

 

【SIMカードの3つの機能】

  • 音声通話
  • データ通信
  • SMS(ショートメール)

データ通信のみ可能なSIMカードや、データ通信とSMSができるSIMカード、音声通話を含めたすべての機能が利用可能なSIMカードがあります。

例えば音声通話(電話)は使えなくていいけどインターネットは使いたいというときは、データ通信とSMSが使えるSIMカードを選ぶと良いでしょう。SMS機能を付ける理由はインターネットを利用したサービスの中にはSMSを使って認証をするサービスが多いからです。

 

クラウドSIMとは?

クラウドSIMとは端末の中に入れて使っていた従来のSIMカードと違い、クラウド上でSIMを管理する仕組みのことです。

利用者の電話番号などはSIMに記録されているという点は同じですが、SIMの管理場所が端末内部からクラウドと呼ばれるインターネットのサーバー上に変わっています

クラウドSIM

 

クラウドSIMは、物理的なSIMカードではない

クラウドSIMには物理的なSIMカードが存在しません。

従来のSIMカードは端末に物理的なカードを入れて使っていましたが、クラウドSIMではカードをなくし、SIMに記録されている情報をクラウド上で管理しています。

 

クラウドSIMはクラウドでSIMを管理している

クラウドSIMではクラウドと呼ばれるインターネットのサーバー上でSIMを管理しています。

クラウドとはインターネットを利用したサービスのことで、SIMの他にも様々なソフトウェアなどに活用されています。例えば使いたいソフトウェアのCD-ROMを持っていなくても、インターネット上からソフトウェアをインストールできるといったサービスもクラウドです。

クラウドSIMの端末はクラウド上で管理されたSIMに端末から接続し、SIMカードなしでSIMを利用しているのです。

 

クラウドSIMを利用するメリット

クラウドSIMには従来のSIMカードにはなかったメリットがあります。

 

【クラウドSIMを利用するメリット】

  • SIMを入れ替えなくても世界中で利用できる
  • 多くのキャリアを利用できるので利用可能なエリアが広がる

 

SIMを入れ替えなくても世界中で利用できる

クラウドSIMの端末はSIMの入れ替え不要で、日本国内だけでなく世界中の様々な国で利用することができます。

1つのSIMには1つの回線が対応しているので、従来のSIMカードでは使う回線を変えたい場合はSIMカードを物理的に入れ替える必要がありました。

海外では日本の回線が使えないため、海外で端末を利用するには国際ローミングというサービスを使ったり、現地の回線を利用できるSIMカードを用意したり、海外対応のWi-Fiルーターをレンタルする必要があります。しかし国際ローミングは利用料が高額になりがちで、現地のSIMカードや海外対応のWi-Fiルーターを用意するのも手間がかかります。

クラウドSIMでは物理的なSIMカードを用意しなくとも、クラウド上で現地のSIMに切り替えることで同じ端末を海外でも手軽に使えます。

 

多くのキャリアを利用できるのでエリアが広がる

複数の回線を利用できるクラウドSIMの特性を活かして、1つの端末で複数のキャリアを利用できるようになりました

例えば使用している回線で電波状況が悪くなったり電波障害が起こったりした場合、クラウドSIMの端末は快適に利用できる回線を自動で探して切り替えてくれます。自分で電波状況の良い回線を探す必要も、設定を変える手間もありません。

クラウドSIMでは普段はSoftBankの回線を使い、電波状況が悪くなったときだけドコモの回線を使うようなことが可能で、より広いエリアで快適に端末を使えるようになりました。

 

クラウドSIMを利用したサービス

クラウドSIMを利用したスマホやWi-Fiには様々なサービスがありますが、主に海外で手軽に使える点と、データ通信量を気にせず使える点が大きなメリットです。

クラウドSIMの端末は海外に持っていっても現地の回線に自動で切り替えてくれるため、面倒な手続きなしで普段使っている端末を海外でも手軽に使えます。

またクラウドSIMを利用したWi-Fiにはデータ容量が無制限で、通信制限なしで使用できるものがあります。

例えばクラウドSIMを利用した「どんなときもWiFi」では、ある回線でのデータ通信量が増えてくると、通信制限がかかる前に自動で別な回線に切り替えてくれます。従来のモバイルWi-Fiルーターにありがちだった「3日で10GB使ったら、翌日の夜間は通信制限がかかる」といったことが起こりません。

 

 

クラウドSIMは1つの端末で複数の回線を利用できるサービス!海外にいるときや電話状況が悪いときに便利です

SIMには利用者の電話番号などが記録されており、スマホや携帯電話などの端末にSIMを入れることで音声通話やデータ通信が可能になります。

従来はSIMカードと呼ばれる小さなカードを端末に入れることで物理的にSIMを管理していましたが、クラウドSIMではクラウドというインターネット上のサーバーでSIMを管理することで、物理的なSIMカードをなくすことを実現しました。

1つのSIMに対応しているのは1つの回線なので、従来のSIMカードで複数の回線を使いたい場合は都度SIMカードを入れ替える必要がありました。しかしクラウドSIMは適した回線を自動で探して切り替えてくれるので複数の回線を手軽に使うことができ、普段使っている端末を海外で手軽に使ったり、電波状況が悪いときに快適な回線に切り替えたりできます。

クラウドSIMはまだあまり普及していないサービスですが、様々なメリットがあるため、今後色々な場面で活用されていくでしょう。

-クラウドSIM
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.